岡城址より祖母山と小富士山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>

(祖 母 山)

標高1756mの祖母山は九州山地の最高峰で、活火山の多い九州にあって古火山だ。 したがって山が深く原生林も多く残されていると聞く。 この祖母山は竹田市にある岡城址から捉えたもの、 滝廉太郎の荒城の月で有名な城跡だが、高台にあって、祖母山を始め阿蘇、 九重山などが一望できるところだ。 このキリッとした山容はどこから見ても大変魅力的な山である。 南側は高千穂峡にあたり、山深いために山麓から容易に姿を見ることができない。
すぐ目の前に小富士山と称する山もあることを見つけた。

(5月上旬14時15分 竹田市岡城址 150mm F13 1/500)


(小富士山)

この小さな富士山は岡城を統治した、中川藩八代藩主中川久貞の墓所として知られる。 標高456mの小さな富士山は、この方角からは富士山に見えないが、祖母山の左下に慎ましく控えている。

(5月上旬14時15分 竹田市岡城址 55mm F13 1/750)