九 重 山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <久住山> <大船山>
瀬ノ本より九重山 5月上旬7時30 九重山には2000年11月22日初訪、 2001年11月24日に再訪、そして3回目は2002年06月03日には大船山に登頂した。 久住山を目指した初訪と再訪、同じ時期に、同じルートを辿ったので、2甲斐をまとめて記述する。
九州本土最高峰の九重山、その全景を見るには山麓の南側からが良い。ここ瀬ノ本は久住の山麓の中でも、 なだらかな草原で牛が放牧されていて、観光客も大変多く集まる観光スポットとなっている。
避難小屋付近より阿蘇山 2000年11月22日 08:50 久住山から三俣山 2000年11月22日 12:30 中岳から久住山 2001年11月24日 10:15 久住山から中岳・大船山 2000年11月22日 12:00 中岳山頂 2000年11月22日 10:00 久住山頂 2001年11月24日 12:10
避難小屋付近(001122) 三俣山(001122)     中岳から久住山(011124) 久住山から中岳(001122) 中岳山頂(001122)    久住山頂(011124)
久住別れ付近より湧蓋山 2001年11月24日 09:30 沓掛山頂より由布岳 2001年11月24日 08:10 中岳山頂より雲仙岳 2001年11月24日 10:10 久住山頂より祖母・傾山系 2001年11月24日 12時10分 久住山頂の一等三角点 2000年11月22日 12:00
 湧蓋山(011124)       由布岳(011124)       雲仙岳(011124)       祖母傾山系(011124)   久住山頂の一等三角点(001122)

九重山の山頂部へは牧ノ戸峠から2時間弱、緩やかな稜線状の登山道を登っていくと避難小屋がある。 南側が開けてくるのは、そのすぐ手前から、星生山登山口を過ぎたあたりだ。
2000年11月22日は寒い朝だった。全山が霧氷に覆われて雪山とは違った美しい自然の造形を見ながらの登山となった。 避難小屋の前で霧氷を前景に阿蘇五岳が望めたので、思わずシャッターを押した。 阿蘇の山は左から根子岳(1433m)、高岳(1592m)、中岳(1506m)、烏帽子岳(1337m)、杵島岳(1326m)と続く。
避難小屋から久住山と天狗ヶ城への分岐付近からは、北に三俣山(1745m)が大変よく見える。 山麓からは山頂部が3つのピークに分かれて見えるから三俣山と呼んでいる。 九重山系の高峰群の一つで典型的なコニーデ状のドームである。
この南側には噴煙を上げている硫黄山(1550m)、そして星生山(1762m)があって登山禁止の山が続く。
避難小屋から久住山と天狗ヶ城への分岐点を直進し、天狗ヶ城(1760m)に登って、下ってまた登り返すと 九州本土最高峰の中岳(1791m)がある。避難小屋から天狗ヶ城まで30分、そこから20分の距離にある。 全山溶岩で出来た岩場を急下降、急登の繰り返しになる。
この中岳から南側に九重山の盟主と言われる久住山(1787m)がある。 眼下には火口原が広がりその一部が池になっていて、御池と呼ばれている。 かって中岳には久住山法華院白水寺の上宮があって、この池から拝礼したことから御池の名がある。
写真は2001年再訪時の写真、同じ時期だが昨年は霧氷の九重山、今回はぽかぽか陽気の九重山 であった。
中岳から南へ30分、激しい急下降の後に火口原に出る。そこからまた登り返しで稲星山(1774m)山頂に着く。 さらに東へ40分、久住山(1787m)の山頂に立つ。 避難小屋上の分岐からなら30分で山頂に立てるもっとも登りやすい山だ。
ここから中岳の方角を見ると、眼下に噴火口があって、左に天狗ヶ城、 右奥に大船山を従えて、鋭いピラミダルな溶岩ドームの山頂部が大変際だって見える。
西には雲仙が、北には由布岳が、南には阿蘇から祖母傾山系、国見岳に連なる九州山地が シルエットとなってどこまでも続いて、九州中央部が一望の下に視野に入っている。
九重山再訪の2001年11月24日、その初登頂の日に勝とも劣らない絶好の視界で、遠く雲仙、霧島まで見通せる、 大展望がそこにあった。
湧蓋山(わいたさん−1500m)は九重山系の北西端にあって、やまなみハイウェイを挟んだ西側にある端正な山だ。 小国町や玖珠町から望むと、富士山に似ているので玖珠富士と呼ばれている。 その姿は久住山直下の久住別れ付近からでも富士山のような素晴らしい山容を見せている。
中岳からは由布岳(1584m)が良く見える。久重山系の北東端、豊後富士の名で知られている名山である。 由布岳の左下には湯布院温泉が広がっている。
久住山からは祖母・傾山系(1756m)が遠望出来る。 阿蘇の大火口が眼前にあって、その向こうに綿々と山脈が連なっている。 この右側から始まる阿蘇五岳との間には、遙かに霧島山群が遠望できる。
2000年11月22日初訪時は本石さんのお陰で素晴らしい九州の天上の世界を満喫することが出来た。 共通の師である池澤さんの助言とともに、このお二人に感謝感謝である。
2001年11月24日には家内と再訪した。安全第一とばかりに「ゆっくり」ペースの登山だった。
(登頂記録−九重山初訪)
*山名:天狗ヶ城(1760m)中岳(1791m) 稲星山(1774m) 久住山(1787m) 一等三角点(久住山)
*年月日:2000年11月22日(水)
*天候: 快晴
*行 程
11月21日(火)
恵比寿 羽田 羽田発     熊本  
0720  0750  0840(JLl793)1025  22時20分までビジネス  
菊池温泉泊
11月22日(水) 快晴
菊池温泉(本石車)牧ノ戸峠  避難小屋 天狗ヶ城山頂 中岳山頂  稲生山山頂  久住山山頂
0530       0635/0700   0855   0930/0940  1000/1020  1050/1105  1145/1210 
避難小屋  牧ノ戸峠  八丁原地熱発電所経由 筋湯温泉公衆浴場
 1235   1400/1415                  1425/1500
熊本空港  熊本    羽田  恵比寿
 1630   1825(NH650)1950  2030

(登頂記録−九重山再訪)
*山名:杵島岳(1326m) 中岳(1791m) 久住山(1787m) 一等三角点(久住山)
*年月日:2001年11月24日(土)
*天候: 快晴
*行 程
11月23日(金)
恵比寿  羽田   羽田発    熊本  
0900  1000  1105(NH645) 1250(延着で1315着)    
(レンタカー)
ANA予約(レンタカー含む)カウンター 0120-029-500、03-5435-0180
熊本空港発 阿蘇中岳ロープウェイ 杵島岳登山口  杵島岳   登山口
 1345(57号線渋滞) 1515       1520/1525  1600/1605 1625/1630
九重観光ホテル
 1730
九重観光ホテル(牧ノ戸峠先長者原手前左側 0973-79-2211 T @16000*2)
11月24日(土)
ホテル発 牧ノ戸峠登山口  沓掛山  扇ヶ鼻分岐 避難小屋  久住別れ
0720    0727/0735   0800/0805  0855/0900 0930/0935  0940
中岳山頂  久住山頂  久住別れ 避難小屋 牧ノ戸峠登山口
1035/1045 1200/1245   1312   1315    1440/1500
九重レークサイドホテル
  1600
九重レークサイドホテル(水分峠手前8km右入る、山下湖畔)
(879-5113湯布院町川西2174-3 0977-84-3156 T @9000*2)
11月25日(日)
ホテル発 湯布院温泉 牧ノ戸峠  筋湯温泉  大観望   菊地渓谷
 0815   0845/1015 1135/1200  1230   1300/1330 1400/1505
 熊本空港     羽田 恵比寿
1630/1825(NH650) 1950  2100
























大船山・平治岳

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <久住山> <大船山>
坊ヶツルより大船山 2002年06月03日 13:00 避難小屋より大船山 2002年06月03日 06:40 大船山山頂 2002年06月03日 07:10 北大船山山頂 2002年06月03日 08:00 平治岳山頂 2002年06月03日 10:05
 坊ヶツルより大船山  避難小屋より大船山  大船山山頂       北大船山山頂     平治岳山頂
扇ヶ鼻直下 2001年06月14日 14:30 平治岳山手前 2002年06月03日 09:40 平治岳山頂 2002年06月03日 10:05 10月中旬11時00分 羽田−熊本便より
 扇ヶ鼻直下(010614)  平治岳山手前     平治岳山頂       羽田−熊本便より

九重山と言えばミヤマキリシマ、この九州の名花の最大の群落は大船山にある。 それを一目見たいと、前日より長者原から法華院温泉に入り、翌朝早く好天のもと大船山に向かった。 久住山から見ると大船山は大きく、端正な山容を見せているが、坊ヶツルから見る姿、 大船山避難小屋付近から見た山頂部を写真に捉えておいた。
法華院温泉から大船山登山口を経て避難小屋まで1時間45分、さらに30分の急登の末に大船山の岩峰の山頂がある。 大きな山体の割には山頂は狭く、そこに三等三角点と1786mの山頂標識がある。 九重の最高峰である中岳に譲ることわずか5m、久住山と並んで九重第2の高峰である。
他のパーテイがいたのを幸い、そこで記念写真、池澤さん、本石さんと開聞岳以来の気心の知れた楽しいパーテイである。
しかし肝心のミヤマキリシマは、尺取り虫の大量発生と言うことで見る影もなく、避難小屋を挟んで北にある 北大船山(1706m)を経て大戸越に下り、今は最盛期の平治岳(ヒジダケ-1643m)までの3座縦走と相成った。 この間、食事時間を入れて2時間半、水蒸気で不透明だった視界も良くなってきた。

九重山と言えばミヤマキリシマ、この九州の名花を一目見たいと、初めて試みたのが2001年6月、熊本出張での帰路フライト 待ちを兼ねて、牧ノ戸峠から久住山への登山道を上がった。扇ヶ鼻(1695m)山頂がすぐ右に見えるところまで上がって、 ミヤマキリシマの群落に遭遇した。梅雨前線の通過の中で濃いガスに包まれていたものの、 その見事さは忘れがたいものだった。

そして翌年、2週間は早い開花に大船山まで足を延ばしたものの尺取り虫の発生で殆ど無く、 結局平治岳まで行ってようやく大群落に遭遇、思う存分ミヤマキリシマ漬けを味わった。
大船山から北大船山、さらに平治岳山頂にかけて、左側にいつも久住の最高峰群と三俣山がある。 よく見ればどこの山の斜面もピンク色に染まっている。

機は、九重と阿蘇の間を高度を下げて熊本空港に着陸する。そのためこのあたりではかなり低空になっていて、 九重(1788m)の山並みが圧倒的なボリウムで機窓にせまっってくる。噴煙はもちろん登山者がいれば見えるほどの距離にある。
(登頂記録−大船山)
*山名:大船山(1786m) 三等三角点(大船山) 北大船山(1706m) 平治岳(1643m) 三等三角点(平治岳)
*年月日:2002年06月02日(日)〜03日(月)
*天候: 快晴
*行 程
06月02日(日)晴
羽 田     熊 本   長者原   法華院 
0825(JL193) 1025  1230/1240   1540
法華院泊
06月03日(月)
法華院  登山口 避難小屋  大船山頂 避難小屋 北大船山
0444    0500   0630    0705/0725  0750   0800
大戸越    平治岳山頂  大戸越    登山口  坊ヶツル
0845/0910  1005/1010 1045/1100    1145  1150/1215
 長者原     入浴    菊池
1430/1445  1450/1530  1630
06月04日(火)
熊本発     羽田
1620(JL196) 1755