霧 島 山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>
霧島神宮温泉から韓国岳 1998年11月23日17:00 霧島神宮温泉から新燃岳 1998年11月23日17:00 霧島神宮温泉から高千穂峰 1998年11月23日17:00 えびの高原から韓国岳 1998年11月23日16:00 韓国岳山頂から大浪池 1998年11月23日10:00 韓国岳山頂から高千穂峰 1998年11月23日10:00
 韓国岳          新燃岳          高千穂峰        えびの高原から韓国岳  韓国岳から大浪池   韓国岳から高千穂峰   
韓国岳山頂から桜島 1998年11月23日10:00 韓国岳山頂から開聞岳 2005年年04月23日 庄野先生撮影大浪池 1958年3月20日08:00 大浪池 1958年3月20日08:00
 韓国岳山頂から桜島  韓国岳から開聞岳        1958年の大浪池   

えびの高原は韓国岳の北側に広がる高原地帯で、標高が高いので高山植物にも恵まれている。 数多くの火口湖があり、温泉も豊富、かって霧島の表口は霧島温泉だったが、 今はえびの高原まで車が入り、数多くの観光客を集めている。 えびの高原からは韓国岳の頂上火口が割れて、火口が続いており、 現在でも盛んに噴気しているのが見える。
韓国岳山頂へは、えびの高原の登山口から約1時間20分、山頂からは霧島の主稜線の山々が一望される。 そして眼下に大浪池がある。この湖は火口湖で霧島の山々はすべてが火口を持っているが、大浪池 その中でもひときわぬきんでている。その大浪池のほうは、完全な円形で水の出口がなくいため、 なみなみと水をたたえた池は空を映し出してまことに美しい。
山頂からは高千穂峰が見える。ここからの高千穂峰は霧島のどこからよりも美しく神々しい姿をしている。
視界がよければ南の空に桜島が見えるとガイドブックにあった。前回も春の日ざしの中に桜島が浮かんでいたが、 今回も見えた。天候はどんどん悪化していて、山頂にたどり着くころには、ガスに覆われてしまうことを心配したが 間に合った。そして前回と同様、桜島がうっすらと南の空に浮かんでいた。
庄野先生から韓国岳からの開聞岳遠望の写真が送られてきた。 百名山が連続して全座が見ることが出来るかと言うCG上のゲームがあるが、展望の連続性では 宮ノ浦岳と開聞岳の間と開聞岳と韓国岳との間は開聞岳が低いため比較的困難である。 この写真には、遥かにもやの上に突き出る開聞岳が見えているのが分かる、貴重な実証写真である。 写真を提供して頂いた庄野先生に厚くお礼を申し上げます。

韓国岳への初登頂は1958年3月20日、再訪まで40年の歳月が経っている。 この初登頂時には林田温泉が車道の終着で、そこから6kmの道程を大浪池の縁を回って、 山頂に達するおよそ6km、3時間弱の道程だった。
その当時のこの写真は大浪池の縁からのぞき込んで紺碧の水面を眺めて、 その深さと切り立った断崖に強い印象を得たものである。

(登頂記録)

*山名:韓国岳(170m) 一等三角点(西霧島山)
*年月日:1998年11月23日(土)
*天候: 晴
*行 程
   霧島温泉 えびの高原   山 頂  えびの高原 霧島温泉
   0745    0815     0930/1000   1050