開 聞 岳

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>
開聞岳山頂より池田湖 1958年03月24日 11時  撮影データ不明 開聞岳山頂より長崎鼻 1958年03月24日 11時  撮影データ不明 開聞岳の初訪は1958年に遡る。その当時の記録から山頂から見た池田湖と長崎鼻の展望写真である。
 開聞岳山頂より池田湖 開聞岳山頂より長崎鼻
池田湖より開聞岳 2002年04月06日 13:20 山麓より開聞岳 2002年04月06日 12:40 再訪の開聞岳山頂 2002年04月06日09:00 再訪の開聞岳山頂 2002年04月06日09:00 雪の開聞岳山頂 庄野先生撮影提供 7合目より屋久島 2002年04月06日 08:40
 池田湖より開聞岳   山麓より開聞岳   再訪の開聞岳山頂  再訪の開聞岳山頂  雪の開聞岳山頂   7合目より屋久島

開聞岳(924m)の北には九州第一の面積を有する池田湖がある。指宿スカイラインの実質的な終着である。 一時は「イッシー」で有名になったこの湖も、大うなぎが主とわかり、今は長さ3mほどのうなぎがいけすに飼われている。 ここから見る開聞岳は常に逆光で、きらきらと輝く水面の上に優美な山容をシルエットで浮かびあがらせている。
開聞岳再訪は44年ぶりに九州出張のタイミングを捉えての再訪だったが、素朴だった周辺部の変わり様には驚くほどだ。 下山後に振り返った山麓での開聞岳は、山頂がガスに覆われたタイミングを捉えてキンポウゲを前景におしゃれの開聞岳である。
開聞岳山頂は狭い岩場だ。2等三角点があって狭い山頂に似つかわしくない大きな山頂標識がある。 ガスに包まれた45年ぶりの再訪だが、山腹から存分に展望を味わった満足感のある山頂だった。 それぞれの再訪の思いを持ちながらの池澤さん、本石さんとの登頂記念写真である。
「晴れていれば360度の展望」と44年前の記録にあるが、樹木が生長したのであろうか、 西側の眺望は遮られている。
本土最南端にある開聞岳は積雪とは無縁の山と思われる所だ。 この写真はDr.庄野が単身開聞岳に登頂した際に出くわした山頂風景である。 雪の開聞岳は極めて珍しい風景のでここに紹介する。 写真を提供して頂いた庄野先生には厚くお礼を申し上げます。
開聞岳(924m)は海抜0メートルからの登山だ。1000mに満たない標高だが意外にも2時間30分はかかる。 登山道は山を巻きながら螺旋状にだらだら上りで一周半で山頂にたどり着く。登るにつれて景色が一回 りするのでなかなか飽きることのない登山だ。山頂からの眺めは素晴らしい。「北には桜島、眼下に池田湖、 南の海には長崎鼻、その向こうに大隅半島、さらに屋久島、硫黄島などが展望できて九州の南の果てに来ていることを実感する」 とは1958年3月の登頂記録である。
今回(2002年4月6日)は、標高160mの登山口まで車で入り、そこからの登山となった。 天気は曇り、悪化が予報され、すでに低気圧接近のためか風が強く、しかし好視界に恵まれていた。 山頂にガスが立ちこめているのが山麓から見えていた。
山麓から7合目付近まで屋久島が見えていた。 宮ノ浦岳から開聞岳を見たから今回の展望で100kmほど離れた両座を両方から見たことになる。

(登頂記録)

*山名:開聞岳(924m)二等三角点(開聞岳−922m)
*年月日:2002年04月06日(土)
*天候: 曇り
*行 程
04月05日(金)
熊本工場  熊本空港   鹿児島IC   開聞国民宿舎
1730     1800       2000        2145
04月06日(土)
開聞国民宿舎  登山口    山 頂     登山口   入 浴       
0600       0610/0620  0855/0920  1110/1120 1130/1230
池田湖    鹿児島空港 羽田空港 
1300/1340  1530/1620   1800