阿蘇外輪山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>

(鞍  岳)

鞍岳は熊本側の阿蘇外輪山の外側にあって、外輪山よりも標高が高い。 そのため外輪山越しに阿蘇の全貌が大変よく眺望できる。駐車場から約20分で双耳峰の山頂へ 行くことが出来るので大変手軽な山であり、大観望など全国的に知られる観光地と違って大変静 かな山の頂の雰囲気を味わえることが出来る。

(鞍岳山頂 5月中旬17時00分 55mm F11 1/500)


(瀬ノ本より阿蘇五岳)

阿蘇の外輪山の淵にある城山展望台から少し手前の瀬ノ本は、まだ九重山の緩やかな山麓にあって、 九重山、阿蘇山ともに絶好の眺望が得られる。
阿蘇の中央火口丘は、 左から根子岳(1433m)、高岳(1592m)、中岳1323m)、烏帽子岳(1337m)、杵島岳(1231m)の5座からなっており、 阿蘇五岳と言われている。またこれを阿蘇の北側からこれを眺めると、涅槃像のようにみえる。

(瀬ノ本より 5月上旬7時30分 55mm F11 1/500)


(城山より外輪山)

水分峠の起点より50km、阿蘇の外輪山の淵にある城山展望台からの阿蘇外輪山の眺望だ。 眼下に火口原が広がり遮るものも無く、阿蘇五岳が展望でき、阿蘇展望随一のスポットとなっている。 このスナップは大観峰の方角を撮ったもの、世界最大の直径を誇る阿蘇のカルデラを囲む外輪山の 壁の様子がよくわかる。

(50Km地点 城山展望台より 12月下旬12時00分 80mm F11 1/750)