阿 蘇 山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>

<高岳へ> <烏帽子岳・杵島岳へ> <杵島岳へ> <花の杵島岳再訪へ>
阿蘇中岳火口 1955年3月中旬 12:00 阿蘇中岳火口 1998年10月中旬 15:30 阿蘇山は世界一の直径の火口を持つカルデラ火山だ。そのことから8000m級の山々に互して、 世界百名山のひとつにも挙げられている。その中岳火口は今でも盛んに噴火活動を繰り返しており、 たびたび立入禁止になる。このスナップは左が1955年のもの、右は1998年のもの、 その間40年の歳月が流れているが、火山にとって一瞬の時間に過ぎない。
1955年中岳火口  1998年中岳火口


中岳稜線上より火口 1999年06月15日 11:00 阿蘇高岳山頂 1999年06月15日 12:00 阿蘇高岳山頂部に咲くミヤマキリシマ 1999年06月15日 11:30 阿蘇高岳山頂にて 1999年06月15日 11:30
中岳稜線上より火口     阿蘇高岳山頂       山頂のミヤマキリシマ       阿蘇高岳山頂にて

阿蘇ロープウェイを降りたところにある中岳火口展望台から正面に見える中岳山頂へは、火口を左に巻いて行くが、 噴出ガスの覆いやすいこのルートは登山禁止になることが多い。そこで右手の砂千里から火口壁をを登って 中岳稜線に至るルートが無難である。 火口壁をよじ登ると中岳山頂稜線に出て、ここから中岳山頂まではほとんど平坦な火口壁歩きとなる。 下を見れば噴煙を上げる火口があり、杵島岳や外輪山、烏帽子岳や根子岳が望まれ、最高峰高岳が目の前にある。 遠く九重の山並みが美しい。
中岳から高岳へはゆるい尾根を30分、草木も生えないガレ場をひたすら登る。赤茶けた火山岩だけが目に入る。 山頂も岩だらけのガレ場、そこにケルンがあって三等三角点がある。 1592mの阿蘇最高峰の証がそこにある。
眺望は360度、阿蘇中央火口丘はもちろんのこと、ぐるっと外輪山があって西に雲仙、北に九重、南に祖母・傾山系 が手に取るように展望できる。
高岳も山頂から南にかけて火口壁がある。山頂は火口壁のもっとも高い地点で、富士や乗鞍岳と全く同じだ。 色彩感の乏しい高岳だが、ミヤマキリシマが山肌一面を覆っている。
記念写真は中岳(1506m)山頂でのもの、磯田さん、池澤さん、とりわけ池澤さんとは、 この後多くの登頂に色々お世話になる事となるが、この阿蘇山が初同行であった。

(登頂記録)

*山名:高岳(1592m) 三等三角点(高岳) 中岳(1506m)
*年月日:1999年06月15日(日)
*天候: 快晴
*行 程
菊池   中岳駐車場 中岳  高岳
0830   1000  1100    1130/1200
中岳  中岳駐車場  熊本空港  羽田
1215   1310    1440/1500  1630 

























杵島岳・烏帽子岳

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>

<高岳へ> <烏帽子岳・杵島岳へ> <杵島岳へ> <花の杵島岳再訪へ>
杵島岳山頂より烏帽子岳と草千里 2001年04月22日 12:30 烏帽子岳山頂より杵島岳 2001年04月22日 14:00 米塚火口より杵島岳 2001年04月22日 15:15 阿蘇五岳は阿蘇外輪山の中にある中央火口丘の中で代表的な五岳を指し、最高峰高岳、中腹の火口から噴煙を上げる中岳、 浸食により急峻な岩峰の根子岳、秀麗な一等三角点の山烏帽子岳、穏やかな山容の杵島岳を言う。
それぞれに特徴ある山容を有しているが、根子岳を除けばいずれもハイキング登山に格好の山々である。
杵島岳より烏帽子岳    烏帽子岳より杵島岳    米塚火口より杵島岳

杵島岳(1326m)は阿蘇五岳にあって、最も短時間で登頂する事が出来る。草千里の手前に登山口があって山頂まで、 200m程度の標高差を30分足らずで山頂に達する。山頂部は火口があって、お鉢回りも15分程度で一周できる。 山頂は360度の大展望、眼下に米塚、北には外輪山と九重山、由布岳、眼前に阿蘇の中岳と高岳が、 南には秀麗な烏帽子岳の全容が展望できる。
烏帽子岳(1337m)は無骨な山容の阿蘇五岳の中にあって唯一秀麗な山容を誇る。 草千里のすぐ先に登山口があって約40分、山頂に達する。 烏帽子岳には一等三角点があって、この山の安定な事を示していて火口も見あたらない。
勿論ここからの眺望も360度、加えて登山道に沿ってのミヤマキリシマの大群落がシーズンになると見事な景観を呈する。 北にある杵島岳は双耳峰に見えるが、火口を取り巻く火口壁がこのように高さを変えているためだ。
山頂からは本石さんの案内で明日登る祖母山系の勇姿が展望できる。
米塚は観光バスが必ず案内するから中岳火口に次いで良く知られている。 登山口から僅かな高低差だが、直登15分だから意外に息が切れる 山頂には火口があり、何故か火口の真ん中に標石がある。そこから杵島岳の山頂部が見えている。

(登頂記録)

*山名:杵島岳(1270m) 烏帽子岳(1337m) 一三角点(西烏帽子岳) 米塚
*年月日:2001年04月22日(日)
*天候: 快晴
*行 程
羽田 熊本空港 杵島岳登山口 杵島岳山頂 お鉢周り 山頂 登山口 
0830   1025    1130      1135    1200   1250  1305
烏帽子岳登山口 烏帽子岳山頂 登山口着 
 1310/1320    1355/1405   1435  
米塚登山口 山頂 お鉢回り 山頂 登山口 三秀台 五箇所 高千穂着
  1450   1500       1530  1540              1730

























杵島岳再訪

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>

<高岳へ> <烏帽子岳・杵島岳へ> <杵島岳へ> <花の杵島岳再訪へ>
杵島岳中岳・高岳 2001年11月23日 14:00 杵島岳(1326m)は阿蘇五岳にあって、最も短時間で登頂する事が出来る。草千里の手前に登山口があって山頂まで、 200m程度の標高差をほとんど観光道路化された遊歩道が山頂まで通じていて、所要時間も30分足らずで山頂に達する。 山頂部には噴火口があって、お鉢回りも15分程度で一周、山頂部のどこも360度の大景観が広がっていて、 眼下に米塚の噴火口が見える。北には外輪山と雄大な九重山、由布岳があり、手前には阿蘇の中岳とその噴火口、 それに高岳が、南には秀麗な烏帽子岳の全容が展望できる。


























花の杵島岳再訪

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>

<高岳へ> <烏帽子岳・杵島岳へ> <杵島岳へ> <花の杵島岳再訪へ>
杵島岳中岳・高岳 2001年11月23日 14:00 杵島岳中岳・高岳 2001年11月23日 14:00 杵島岳中岳・高岳 2001年11月23日 14:00 杵島岳中岳・高岳 2001年11月23日 14:00 杵島岳中岳・高岳 2001年11月23日 14:00 杵島岳中岳・高岳 2001年11月23日 14:00
杵島岳より烏帽子岳 杵島岳より高岳     ミヤマキリシマ    ハルリンドウ     キンポウゲ   山頂にて        山頂にて

3度目の杵島岳は思わぬ展開から訪座となった。熊本工場最後の訪問はミヤマキリシマの時期とも重なっていた。 今回は工場のGさんと共に高岳山頂にある群落を再訪して見たかった。いやGさんにあの山頂の楽園を見せたかった。 しかし当日は台風の影響か強風が吹き、仙酔峡のミヤマキリシマも既になく、ロープウェイも点検運休、 加えて山頂部はガスに覆われていた。 ガレ場の広い山頂、ガス、強風・・・無理をする条件ではなく登山途中から引き返した。
そうして手頃な場所と登ることになったのが杵島岳、登山靴も不要な山である。 杵島岳は今が花のシーズン、全山キンポウゲの黄色い花に覆われ、所々にハルリンドウの青が目立ち、 群落とはいかないがミヤマキリシマが所々に咲いていた。
お世話になったGさん、最後の工場訪問で始めての同行登山、 大いなる語らいのひとときを過ごすことが出来た。

(登頂記録)

*山名:杵島岳(1270m)
*年月日:2005年06月08日(水)
*天候: 晴れ
*行 程
菊池笹の屋 仙酔峡 杵島岳登山口 杵島岳 登山口  熊本空港  羽 田 恵比寿
 0800     0900    1100   1130/1300 1330   1405/1455  1605  1700