利尻岳5景

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>

(北西部から)

利尻島は360度どこからでも山頂が見通せる。だから島 をまわると山容の微妙な変化がよく分かる。ある場所からは鋭く険しく、 またある場所からは女性的な表情を見せる。 こんな利尻岳を一回りして展望してみよう。
礼文島香深港から利尻島鴛泊港への船は、利尻島を北西から北の方角から鴛泊港に着く。 前出のページの写真と同じだが、この方角からは山頂部が鋭くとがって見える。

(北東部から)

利尻島鴛泊港から稚内港への船は、利尻島から北東に向けて稚内に 達する。利尻島は常に船の後方にあって、山頂を少し平にして見送ってくれる。 稚内から見える利尻岳は、この山容のものだ。


(南東部から)

前出のオタドマリ沼からの利尻岳だが、山頂部は鋭く突出している。 このあたりが島から離れると平坦に見えるのかどうか登頂すれば分かることだが。

(南部から)

島の南端は溶岩がそのまま海に流れ出し、多彩な岩礁を創り出している。 御崎公園と名ずけられたこの地からの利尻岳は、まとまった姿と、 島内にありながら長い裾野までも見通せる人気のスポットでもある。

(西部から)

沓形港はこの島の第2の玄関口に当たる。沓型公園のある広々とした大地は、御崎公園と同様岩礁の 海岸線が続き、島の西側に当たることから礼文島がよく見通せるところだ。 ここからの利尻岳はすっかり穏やかな表情をしていて、山頂だけを見ていると御崎公園からのそれとは、 別の山かと思わせる。