利尻岳−最北の百名山 

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>
姫沼より利尻岳 5月上旬15時00分 50m F13 1/500 オタドマリ沼より利尻岳 5月上旬15時45分 50m F13 1/500 六合目より鴛泊港 2002年07月08日 14:30 Sony DSC-P1 八合目より利尻岳山頂 2002年07月08日 08:15 Sony DSC-P1 北峰山頂より南峰 2002年07月08日 11:00  PENTAX ESPIO 120SW 北峰山頂にて 2002年07月08日 11:00  Sony DSC-P1
姫沼より利尻岳    オタドマリ沼より利尻岳   六合目より鴛泊港   八合目より利尻岳山頂 北峰山頂より南峰    北峰山頂にて
八合目からの超遠望 2002年07月08日13:20  PENTAX ESPIO 120SW 九合目より山頂とリシリヒナゲシ 2002年07月08日 12:00  Sony DSC-P1 九合目のリシリヒナゲシ 2002年07月08日 12:00  Sony DSC-P1
利尻島は言うまでもなく利尻岳の噴火によって出来た火山島である。国内の火山島で最高の標高を持つ島であり、 島のどこからでも山が見えることも大きな特徴出る。この辺が利尻島の魅力であり、加えてその山容の素晴らしさは、 登頂意欲をそそり、富士の名を借りるにはもったいないくらいである。
 八合目からの超遠望  九合目より山頂    九合目のリシリヒナゲシ

長官山の一等三角点(池澤氏撮影提供) 利尻岳登山は鴛泊からが一般的である。北麓キャンプ場までバスで行って、 そこから標高差1500m、往復12kmのハードな登山となる。
早朝、濃いガスの中を出発、甘露泉にて水を補給後、樹林帯の中を進むほどにガスの上に出て、 五合目では樹林の合間から長官山が青空の下に見えてきた。
六合目で樹林帯を抜け、長官山へ向けての急登が始まるところで、 往きは下界が雲海だったが帰りには晴れあがって眼下に鴛泊港やペシ岬が見えてきた。 港の向こうには礼文島が、右には宗谷岬から稚内が遠望できる。
長官山の一等三角点

六合目からの急登を詰めると、そこは八合目、一等三角点のある長官山(1218m)の展望台である。 利尻岳の中腹にある平坦な場所だが、下から見ると大きな山に見えて、 利尻岳山頂を遮っている。
展望台に立つと眼前が開けて、利尻岳が大きく立ちはだかり、 一面のお花畑が広がっていて一気に高山の雰囲気に入り込む。 よく見れば稜線に沿って登山者が登っていくのが見えている。 登山口からここまで3時間である。
八合目から緩いアップダウンを経て避難小屋のある長官山山頂へ、さらに一汗かいて九合目へ、 いよいよここからがガレ場の登山道が山頂まで続く。 その滑り易さは富士山の比でなく、ロープに掴まりながらの冷や汗登山となる。
ガレ場を登り詰めるとそこは北峰、1719mの頂の一つで、利尻山神社の奥社がある。
北峰は1719m、南峰は1721m、しかしこの間は崩落が激しく登山禁止となっていて、 そのロープまで見えている。そのため利尻山神社のある北峰を以て山頂としている。 深く切れ込んだ西側には巨大なローソク岩があって、利尻山頂風景を特徴付けていて、 山腹に一面の白い斑点はエゾハクサンイチゲの大群落である。 登山口から5時間半、ようやくにして到達した最果ての山頂である。
リシリヒナゲシは利尻岳山頂付近だけに咲く、国内唯一の自生のケシ科の花である。 そのリシリヒナゲシも盗掘などにより絶滅寸前の状態にあり、今回も九合目に一株だけが咲いていた。
帰路八合目の長官山展望台から超遠望の山が見えてきた。さては大雪?と色めき立ったが、 大雪か?その手前の山か?定かでない。
(登頂記録)
*山名:利尻山北峰(1719m) 測定点 二等三角点(利尻絶頂)(1718.7m)は亡失 一等三角点(長官山)(1218m)
*年月日:2002年07月08日(月)
*天候:晴
*ツアー登山 20名
*行 程 07月08日(月)
田中屋旅館  北麓野営場   甘露泉   4合目    5合目   6合目
0500    0510/0520  0530/0535  0555/0600  0630/0635  0705/0715
 8合目(長官山) 避難小屋   9合目   利尻山頂    9合目
  0812/0825   0900/0910 0940/0950  1045/1100 1150/1230
8合目(長官山)  6合目   4合目   甘露泉   北麓野営場 田中屋着
 1312/1322  1425/1435 1520/1530 1545/1600  1620/1630  1640
田中屋旅館泊  01638-2-2190  鴛泊港より1km
07月09日(火)
田中屋発  鴛泊港   稚内港  サロベツ    羽 幌    留萌 深川 札幌
0730  0740/0840 1020/1025 1130/1200  1315/1400
新千歳空港     羽田着
1720/1915(JS116) 2045