風車とサロベツと利尻岳

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>

(風車と利尻岳)

最北の百名山、利尻岳は稚内、礼文島を含めて最大の観光目玉でもある。 その利尻岳の展望について問題提起をしておこう。稚内空港に近い大沼は白鳥の飛来する湖として知られている。 そして飛来する白鳥と大沼と利尻岳が一望出来る湖畔はアマチュアカメラマンの撮影スポットなのだそうだ。
一方、稚内市は風の町でもある。長年その強風に悩まされてきたが、昨今の新エネルギーや地球環境保護の観点から、 出力400Kwの風力発電設備2基が1998年春に運転開始した。この湖畔から見ると 高さ30mあまりの風車が、利尻岳の方角にあることになる。この写真は撮影スポットの湖畔より少し離れているが、 利尻岳の前景には2基の風車と大沼が見えている。季節がら白鳥の姿はないが、NHKの報道によれば、 アマチュアカメラマンから風車が景観阻害だとクレームが付いているそうだ。 また環境保護団体からは白鳥が風車にあたるかも知れぬとクレームが付いているそうだ。 一方、稚内市民の方は、全くそんなクレームには無頓着、むしろ風車の醸し出す風物詩を歓迎している様子、最近はで宗谷岬から サロベツに向かうルート上のひとつにあたるところから観光バスも立ち寄るそうだ。
稚内市当局は事態に困惑していたが、風車の立地上の配慮不足はあったかも知れない。しかし自然エネルギーの活用は、 欠かせないとして、現在は多くの風車が運転をしている。 私の立場は目で見た実感に従おう。「利尻岳はほかでももっと良く展望できる。風車のある利尻岳は新しい風景にもなる。 緒についたばかりの自然エネルギー利用の流れを大切にしたい。 稚内市民がこんな外部のクレームを迷惑に感じている。」などなど。さて皆さんはどう考えますか?

(稚内空港近くにて 6月上旬9時15分 100mm F13 1/500)


(サロベツからの利尻岳)

(サロベツ原生花園 2002年07月09日 11時10分 PENTAX ESPIO 120SW)