摩周湖展望台より摩周岳と斜里岳

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

(摩 周 岳)

摩周湖には延べ7回訪れた。霧こそ避けられたがいつもどんよりと空が低い風景ばかりだった。 この標高差の大きい独立峰の山頂部の大きな火山湖は、下界から 吹き上げるガスのため晴れることが少ない。だから「霧の摩周湖」と言われている。 人によっては1回目の訪問で素晴らしい摩周湖を見るが、殆どは霧の中に沈んでいる。 7回目の訪問にしてやっと快晴の摩周湖を見る事が出来た。
この快晴の摩周岳と湖面の色鮮やかさは見慣れたどんより曇った風景とは遥かにカラフルで美しい。 前景をなす花々が陽に照らされて美しい。霧の摩周湖はやはり負け惜しみか? 摩周岳はその中央火口丘、元々の名をカムイヌプリ、「神の山」の意、まさに急登のあげく美しい 湖面に映えるカムイヌプリに先住民族は神を見たのであろう。
そのカムイヌプリの左側には斜里岳が遠望できる。

(摩周湖第1展望台 08月中旬 9時15分 30mm F13 1/750)


(斜 里 岳)

そのカムイヌプリの左にあるのが斜里岳、これほど遠望が利く時も珍しいし、この光景だけは 実際に見た斜里岳は淡く雲にかすんだ山陰で、ミネルバの三代川氏に依頼して提供していただいた貴重な画像を使うこととした。

(摩周湖展望台 08月下旬 朝 撮影データ不明 (株)ミネルバ 三代川利治氏撮影提供)