十 勝 岳

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>
十勝岳温泉より十勝岳 8月中旬 11:00 35mm F16 1/750 十勝岳望岳台より十勝岳 8月中旬 10:00 35mm F11 1/750 上ホロ避難小屋 2002年06月09日 09:30 Sony DSC-P1 上ホロメカットク山頂 2002年06月09日 11:30 Sony DSC-P1 十勝岳山頂 2002年06月09日 08:40 Sony DSC-P1
 十勝岳温泉より十勝岳  十勝岳望岳台より十勝岳  上ホロ避難小屋       上ホロメカットク山頂   十勝岳山頂
十勝岳山頂 2003年06月25日 寺島氏撮影 十勝岳山頂 2003年06月25日 寺島氏撮影 十勝岳山頂 2003年06月25日 寺島氏撮影
 十勝岳山頂         十勝岳山頂展望          十勝岳山頂展望

十勝岳温泉は十勝岳への登山口で知られている。また北海道では最高所の温泉でも有名だ。 ここまでくると観光客よりも登山者やハイカーが勝ってくる。ここは駐車場から登山道に少し入ったところで、 前方に立ちはだかる十勝の勇姿がものすごい。稜線上には登山者が山頂に向けて歩いていることまで望める地点だ。
一方、望岳台の方は十勝岳の噴煙が望める展望地点だ。こちらも登山口だが観光客も多く、散策道も設けられており、 賑やかな観光スポットになっている。旭川から美瑛、富良野が一望できて、十勝や大雪の山々の展望とともに、 素晴らしい景観を提供してくれる。

十勝岳(2077m)には雌阿寒岳とセットになった旅行会社のツアーに参加、雌阿寒岳に登頂後に移動して、十勝岳温泉 から上ホロカメットク山(1920m)、上ホロ避難小屋を経由して山頂にいたり、望岳台に下山すると言う計画であった。 折悪しく前線通過、18名の参加者の一員となって4時に出発したものの雨が降り出し、上ホロカメットク山に達した 頃には風雨も激しく、火口壁を強風に吹かれながら、深いガスに道を探して、ようやく上ホロ避難小屋に辿り着いて朝食となった。 カメラなど出す余裕もないし風雨で濡れて写真どころではないが、キバナシャクナゲが見事に咲き誇っていたのが妙に印象的であった。
写真は下山途中でようやくの事で辿り着いた避難小屋、そして烈風の中で撮った上ホロカメットク山頂標識。 説明がなければまったく分からない深いガスの中にぼやっと見えていた。
十勝岳(2077m)山頂にあと20m、吹きすさぶ烈風と雨と濃いガスの中、ようやく山頂標識が見えてきた。 このガスの中だからあと20m、標高差にすれば3mもないだろう。 そのときに引き返す旨の指示が下から聞こえ、トラブル が発生したことを知った。 避難小屋で朝食を採ったとき、リュックにしまっておいたカメラをポケットに入れ替え、 すぐにでも撮れるようにしておいた事が効を奏し、引き返す瞬間に捉えた山頂標識の写真は、 この日の貴重な写真となった。
参加者のトラブル、それは「山と渓谷」2002年10月号に報告し掲載されている。
トラブルは参加者の疲労凍死という最悪の遭難事故となってツアーは中断した。

2003年6月25日、1975年以来の友人である寺島剛氏は十勝岳山頂に到達した。 その際に撮った写真がこの画像、岩まで同じものが写っていて、まさに同じ地点からの写真であった。 寺島氏によれば、この写真の中央に写っている「杭から山頂までは直線で20m、標高差2m」だと言う。 稜線上の標識は間違いなく山頂標識だった。 まさに山頂部の一角を捉えたものであることが寺島氏によって証明されたのだった。
それにもまして十勝岳山頂において筆者を思いだし、同じ地点を探して写真を撮ってきた、 その友情に熱い想いを感じるものである。

その寺島氏による快晴の十勝岳山頂風景、この風景を見たくて山頂直前に至ったのだが、悪天候と参加者の トラブルのため果たせなかった。
寺島氏の、嘘のような快晴の十勝岳(2077m)山頂からの風景には、今登ってきた「上ホロカメットク山(1920m)から富良野岳が 見えていて、その奥の夕張山地まで良く見えていて」、「さらに行く手を見れば美瑛岳に続くなだらかな火山礫の稜線が飛び込んできた」 と寺島氏は解説して言う。
いつかこの風景をこの目で見たいと願うのは私だけであろうか。
寺島氏の友情に深く感謝する次第である。
上ホロ避難小屋 2003年08月15日 輪島氏提供 上ホロ避難小屋 2003年08月15日 輪島氏提供 (1年後の上ホロ避難小屋)  荒島岳登頂時のリーダーを勤めてくださった福井の輪島氏から1年後の8月上旬にメールが入った。 曰く「8/15に十勝岳登頂予定、ついては昨年のツアー登山での遭難現場を 教えて欲しい。お線香の一つも手向けたい」この問い合わせに対し、可能な限りの情報をお知らせしたことは 言うまでもない。 BR> 8/21に輪島氏から現地状況の報告を頂いた。 それによれば、「十勝岳温泉の登山口には10:30に到着しました。 今回は三段山コースを狙っていたので、三段山からOP尾根を越えて大砲岩に出て、 一般ルートの尾根線上で十勝岳山頂へ、時間は十勝岳温泉から頂上まで3時間、 三段山の先は、登山道が崩壊しており、雪やガスがあると迷う可能性がありました。 道は崩壊しやすく危険なルート(一般ルートではない)でした。
山頂に至るまでにあった慰霊碑は北大ワンゲル部のものがありましたが、昨年の事故に 関するものはありませんでした。
山頂に1時間ほどいて、その後上ホロ避難小屋にいけば昨年の事故に関する手がかりがある (すくなくとも包まった毛布)筈と思い、小屋に寄りました。
そこでお会いしたのは、上富良野町に住む「谷口 繁さん」と「角隅さん」らの5名 のパーティでした。そこで昨年の話しをしたところ、遺体を下したのは我々とのことで びっくり!
場所は頂上からまで20分ぐらい下の場所です。 今はその場所にトラロープを巻いてわかるようにしてあるとのこと。
話しでは雨具はバスに忘れてきたとのことで、雨具は着けていなかったこと。 6月にはめずらしく降雪があり、真っ白だったとのこと。
すでに現場に戻れる時間ではなかったので、線香は上ホロ小屋であげました。
写真の谷口さんの下にある毛布が昨年のYさんが使用した毛布です。
上ホロ山は頂上を超えていくルートでしたか?我々は、帰るとき上ホロ小屋から 上ホロ山をトラバースしていく道を使いました。昨年の遭難のときは負担に大きい 尾根山頂ルートをそのまま直進されたのでしょうか?
あのときは、気温が10℃ほどであり、風があったので体感温度は0℃近くになって いたと言われておりました、十勝岳の山開きは、6月の最終日曜日とのことでやはり問題ツ アーだったと言っておられました。」

輪島氏からすれば遭難者は見ず知らずの人である。 たまたま筆者が参加したツアーで遭難死した方で、私から話を聞いたと言うだけの縁で 輪島氏はお線香を手向けたいと言う。山を愛するもののみに通ずる愛情があって、 その一念が上ホロ小屋での偶然の出会いを呼び込んだとしか理解できない不思議な 出来事であった。

(登頂記録)
*山名:十勝岳(2077m)標高点 上ホロカメットク山(1920m)標高点
*年月日:2002年06月09日(日)
*天候:風雨
*ツアー登山 19名
*行 程
06月07日(金) 雌阿寒岳より
06月08日(土) 移動日
阿寒湖荘発 オンネトー   足寄 士幌 鹿追 サホロ  ぽっぽやロケ地  富田ファーム 十勝岳温泉 (泊)
0830    0900/0930               (昼食)                   1700
06月09日(日) 
十勝岳温泉 上ホロ避難小屋  山頂直下  避難小屋   十勝岳温泉    旭川空港       羽田 
0400     0720/0740     0840    0930/1100   1345/1520    1640/1740(JS196)   1925