旭   岳

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <旭岳へ> <道央紅葉へ>
姿見池より旭岳 2000年08月12日 08:00 旭岳八合目より山頂 2000年08月12日 09:30 旭岳山頂より姿見 2000年08月12日 10:00 旭岳山頂にて 2000年08月12日 10:00 旭岳山頂からの黒岳方向の眺望 2000年08月12日 10:00
 姿見池より旭岳    旭岳八合目より山頂  旭岳山頂より姿見    旭岳山頂にて      旭岳山頂からの黒岳方向の眺望
一等三角点 2000年08月12日 10:00 姿見より十勝連峰 10月中旬 11:00 姿見よりトムラウシ 2000年08月12日 11:00 層雲峡黒岳五合目より黒岳 8月下旬 10:00 三代川氏提供
 一等三角点    姿見より十勝連峰   姿見よりトムラウシ 層雲峡黒岳五合目より黒岳

雄大な大雪山系にあって旭岳は旭岳温泉よりロープウェイがあって旭岳姿見駅まで行くことが出来る。 主峰旭岳の直下で爆裂口をあらわに噴煙を上げている旭岳が目の前にある。
ここを起点として旭岳を越え、層雲峡黒岳への一日縦走コース、トムラウシまでの花の大縦走コースなどがある。
旭岳山頂までは2時間、その途中に姿見池と夫婦池があって、山頂駅とこの2つの池を巡る散策コースがある。 8月中旬でも残雪が多く、しかし花はすでに秋色、短い夏を精一杯咲き誇っている。
姿見池から2時間弱の登山は、ガレ場ながらも登りやすい登山道だ。ただしこの日は烈風が吹きすさび、何度も歩行を阻まれ、 岩陰に風を除ける始末、噴気ガスが遠慮なく吹き付けては喉を痛め、砂嵐が顔にたたきつけてくる。そんな強風も8合目まで来ると 爆裂口の陰に入り、ようやく一息つける状態になった。見上げれば山頂がすぐそこにある。
旭岳山頂は北海道の最高峰だ。見下ろせばすぐ下に姿見池や夫婦池、ロープウェイ駅も 手に取るように見えている。天上から地上を見下ろしている実感だ。
山頂には1等三角点があって、360度の眺望だ。ただ当日は、雲が晴れ上がる過程にあり、 何故か旭岳の山頂だけが晴れていて、周囲の山々はまだ雲に見え隠れしていた。 ともかく山頂での証拠写真を撮ってもらった。背後に北鎮岳が見え隠れしている。
旭岳山頂から北西〜南西にかけて、旭岳を支えるように外輪山が屹立している。 その先にはさらにニペソツ山系も見えるはずだが、今日は近景の山が精一杯の展望だ。 それでも層雲峡の黒岳が見えている。
この日は山頂からは十勝岳やトムラウシは最後まで姿を現さなかった。 この画像は下山中に姿を現したもの、姿見からは山頂部だけしか見えないが僅かな高度差が山容全体を明らかにしてくれる。
層雲峡からロープウェイ、リフトを乗り継いで黒岳7合目まで登れる。 ここから山頂まで1時間、 大変登りやすいが、それでも大雪山系第一級の山だ。 最高峰旭岳はこの背後にあって、ここを起点とした縦走がポピュラーだ。 このスナップはその黒岳ロープウェイの展望デッキからのもの、夕方のぎりぎりの時間で周囲は暗く、 凌雲岳が雲に覆われ始めて良い写真が得られなかった。そこで同じ場所からの写真を提供していただいた。
(登頂記録)
*山名:旭岳(2290m) 一等三角点(瓊多窟)
*年月日:2000年08月12日(土)
*天候: 晴
*行 程
08月11日(金)
0840羽田(JAS151)0915帯広(@34500)1000帯広空港(80km)−1210襟裳岬/1320襟裳岬発
−(120km)1600音更帯広IC(30km)−十勝平原SA−1630十勝清水IC(80km)−1830新富良野プリンスホテル(泊)
  レンタカー(Aクラス1500ccニチレン@44630)
08月12日(土)
新富良野プリンスホテル発0600−旭岳ロープウェイ乗り場着0720−姿見駅0738/0750
−姿見池0810/0820−山頂1010/1020−姿見池1130/(昼食)115−夫婦池経由姿見駅1220−ロープウェイ山麓駅1238/1350
−道央道旭川鷹栖IC〜滝川IC往復(道央道からの大雪山系取材)−旭川グランドホテル着1630
08月13日(日)
旭川グランドホテル発0845−十勝岳望岳台0930/1030−十勝温泉着1045/1100−富田ファーム1145/124
−美瑛1345/1420−旭川空港1500/1620旭川発(JAS194)1800羽田着

























道央 紅葉

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <旭岳へ> <道央 紅葉へ>
札幌時計台 09月20日 20:56 羽衣の滝 09月21日 11:40 旭山動物園 09月21日 13:45 旭山動物園 09月21日 15:02 赤岳銀泉台上の紅葉 09月22日 11:06
 札幌時計台           羽衣の滝     旭山動物園          旭山動物園         赤岳銀泉台上の紅葉
黒岳五合目より黒岳 09月22日 14:49 双瀑台より流星・銀河の滝 09月22日 15:54 姿見より旭岳の紅葉 09月23日 11:05 旭岳姿見池 09月23日 11:57 姿見のチングルマの紅葉 09月23日 12:15
 黒岳五合目より黒岳   双瀑台より流星・銀河の滝 姿見より旭岳の紅葉   旭岳姿見池       姿見のチングルマの紅葉

日本で一番早い紅葉を訪ねて久しぶりに道央ドライブに出かけた。 JALマイレージ利用可能なフライトに制限があって午後の便にて新千歳へ、レンタカーをを借りて、 これもマイレージ利用券活用の札幌ANAホテルに入った。 雲海はANAホテルの定番レストラン、3000円のデイナーは思いの外豪華。 夜の札幌も久しぶり、涼風を受けての散策を楽しんだ。
2日目は旭岳へ姿見の紅葉を見るため長距離ドライブとなった。 気温27℃、強風でロープウェイは運休、やむなく羽衣の滝を 見るため天人峡温泉に赴いた。 紅葉は全く早く、緑一色、しかし滝への遊歩道が7月に崩落があったため、 通行止め、自己責任で滝まで行った。
折角の旭川である。旭山動物園にも立ち寄った。なるほど人気の動物園である。 平日というのに混雑、アザラシ、ペンギン、白熊、オランウータンが売り物、 その生体を可能な限り見せる仕掛けになっている。 見終わったら雨、前線通過で大気が入れ替わったのか夜には涼しくなる。 3回目となる寿司屋で夕食。
翌日は晴れ、雲がまだ浮いているがどんどん晴れ渡って行く。 旭川を後にして層雲峡へ、そして銀泉台へ行った。 赤岳の登山口から100mほど登る。1600m以上は錦秋である。 層雲峡に戻り黒岳ロープウェイへ、7合目から少し登り、紅葉を楽しむ。 北大雪の山々が眼前にある。下山して流星・銀河の滝へ、双瀑台まで行って眺める。 この日は層雲峡泊。
一昨日ロープウェイの運休で上がることが出来なかった旭岳姿見へとって返す。 層雲峡から1時間20分で旭岳温泉に着く。しかし休日のため狭い駐車場は満杯、 しばらく渋滞の中に並ぶ。 姿見はナナカマド、チングルマの紅葉で真っ盛り、名残のリンドウも咲いていた。 姿見の池から100mほど登り、トムラウシがせり上がってくるのを見て下山、 美瑛に寄って空港へ。
(登頂記録)
*山名:道央ドライブ  赤岳 黒岳 旭岳 旭山動物園
*年月日:2007年09月20日(木)〜09月23日(日)
*天候: 曇り→雨→快晴
*行 程
 9/20(木) 羽 田    新千歳
       1455(JAL529) 1625
     トヨタレンタカーAクラス(1500cc) \19500+\3000=22500円
     新千歳  札 幌
     1720    1820
  札幌全日空ホテル(0120 513 085) TEL011-221-4411

9/21(金) ホテル   旭岳温泉 天人峡温泉 羽衣ノ滝  天人峡温泉
      0750     1030     1120     1130   1230/1240
     旭山動物園 旭 川
     1330/1620   1640
     ロワジールホテル旭川 朝食付き (JTB) 合計朝食付き 16000円

9/22(土) ホテル 層雲峡  大雪湖P   銀泉台  大雪湖P 層雲峡RW
       0800  0920  0945/1000 1035/1130  1200   1230/1310
     黒岳7合目 層雲峡RW 流星・銀河ノ滝  双瀑台  層雲峡ホテル
     1340/1430  1500    1510/1530   1540/1550   1600
     層雲峡グランドホテル 1泊2食 (JTB) 合計34000円

9/23(日)  ホテル発 旭岳RW  姿 見  旭岳温泉  美 瑛  旭川空港
        0800   1020  1030/1250  1300  1440/1520 1540/1710
     レンタカー16時10分戻し
      旭 川     羽 田
     1700(JAL1112) 1850

       紅葉  赤岳1600m地点へ登る  
           黒岳7合目から50mほど登る
           旭岳姿見池から100mほど登る