阿 寒 岳

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>
釧北峠より雄阿寒岳−1954年の風景 09月下旬 朝 撮影データ不明 阿寒湖より雄阿寒岳−1954年の風景 09月下旬 朝 撮影データ不明 阿寒湖より雄阿寒岳 2002年06月08日 07:00 Sony DSC-P1 オンネトーより雌阿寒岳 08月中旬 14:30 Sony DSC-P1 オンネトーより阿寒富士 08月中旬 14:30 Sony DSC-P1
 釧北峠より1954年の風景  阿寒湖より1954年の風景  阿寒湖より雄阿寒岳    オンネトーより雌阿寒岳   オンネトーより阿寒富士
雌阿寒岳山頂より雄阿寒岳 2002年06月07日 15:05 Sony DSC-P1 雌阿寒岳山頂火口壁 2002年06月07日 15時00分 Sony DSC-P1 雌阿寒岳山頂火口壁 2002年06月07日 15時00分 Sony DSC-P1 雌阿寒岳山頂より阿寒富士 2002年06月07日 15時05分 Sony DSC-P1 雌阿寒岳山頂にて 2002年06月07日 15時05分 Sony DSC-P1
 雌阿寒岳より雄阿寒岳   雌阿寒岳山頂火口壁    雌阿寒岳山頂火口壁    雌阿寒岳より阿寒富士   雌阿寒岳山頂にて

(釧北峠より雄阿寒岳−1954年の風景) 釧北峠は展望の良いところだった。この峠にさしかかると一気に阿寒湖と雄阿寒、雌阿寒の山々が 姿をあらわす。総称阿寒岳は阿寒湖にある雄阿寒岳と西のオンネトーに近い雌阿寒岳、阿寒富士からなり、 雌阿寒岳は今でも噴煙を上げている。オンネト−からみた雌阿寒岳と阿寒富士は対照的な山容を持ち、オンネトー の湖面に美しく映えている。雄阿寒岳の方は見事なコニーデ火山、どこから見てもその形はあまり変わらない。 ただし標高では雌阿寒岳に一歩譲る。この写真は1954年のもの、今と変わる所が無いが、釧北峠自体は樹林が成長して当時の展望は無い。 こんな半世紀前の写真だが、今や幻の展望となってしまっただけに貴重なひとこまとなった。 1954年に撮った写真は洞爺丸台風が北海道を襲う4日前の写真である。
雌阿寒岳へは旅行会社のツアーに参加、雌阿寒岳と十勝岳を組み合わせたものである。 参加者19名、家内とともに参加して羽田から女満別空港へ一番機で飛び、 その日の15時には山頂に立てる手軽さ?である。
雌阿寒岳は雌阿寒岳(1499m)、雄阿寒岳(1370m)、阿寒富士(1476m)などの阿寒の山々にあって最高峰である。 山体は活火山そのものの様相を見せており、山頂部は大きな火口が無数にあって未だに噴煙が絶えない。 いくつかある登山口の内、オンネトーへの林道途中にある野中温泉登山口からは標高差790m、2時間半程度と 最短距離にあって、今はメインルートとなっている。 一合目から十合目(山頂)までの標識があって、各10分〜15分の所要時間を要し、大変目安として役に立つ。 四合目までは樹林帯、マイズルソウやツマトリソウなどが咲き乱れており、樹林帯を越えると荒涼たる火山の風景に一変する。 九合目に至って山頂火口壁に出て、時計回りにわずかに進むと火口壁の最高地点、つまり山頂がある。 写真は山頂直下から仰ぎ見る山頂と、大きな山頂火口、噴煙や轟音が絶えず聞こえている地獄絵である。

登山口から山頂まで2時間半、19名全員が登頂した。山頂からは目の前の山頂火口の向こうに、 秀麗な阿寒富士が大きな姿を見せていて、雌阿寒岳山頂風景を特徴付けている。
山頂には石積の方位盤があって、最高地点であることを表している。 視界がよければ羅臼、大雪までもが見渡せるという。

(登頂記録)
*山名:雌阿寒岳(1499m)標高点
*年月日:2002年06月07日(金)
*天候:晴
*ツアー登山 19名
*行 程
06月07日(金)
羽田発    女満別着  阿寒湖畔   野中温泉登山口  4合目     7合目    雌阿寒岳山頂  5合目
0755(JS181) 0935   1215/1300     1222/1230  1325/1335 1410/1420   1500/1515  1600/1610 
野中温泉登山口  阿寒湖荘 (泊)
  1700/1710     1730
6月08日(土) 移動日
阿寒湖荘発 オンネトー   足寄 士幌 鹿追 サホロ  ぽっぽやロケ地  富田ファーム 十勝岳温泉 (泊)
0830    0900/0930               (昼食)                   1700