東京からの展望(全集)


<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <東京リストへ戻る>

(18)日光連山

<高層ビルと日光連山へ> <日光連山全景へ> <奥白根山・皇海山へ> <男体山へ>

<高層ビルと日光連山>−恵比寿ガーデンプレースより


(恵比寿ガーデンプレース 39F 2001年2月9日7時40分 150mm F11 1/350)

恵比寿ガーデンプレースから見る日光連山は新宿の高層ビル群から池袋方面へ向けて延々と連なっている。 このような視界の良い時はそれほど多くはないが、この日は上信越国境の山々が全部顔をそろえる絶好の展望日和、 普段見えることの少ない奥白根山も山頂を真っ白にして、高層ビルの向こうに見えていた。
(袈裟丸山方位:342.5度、奥白根山方位:347.3度、男体山方位:351.5度、女峰山方位:354.2度)
日光 <大谷PAへ>  <社山へ>  <奥白根山へ>  <男体山へ>  <帝釈山(女峰山)へ>  <鳴虫山へ>  <高  山へ>






















東京からの展望(全集)


<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <東京リストへ戻る>

(18)日光連山

<高層ビルと日光連山へ> <日光連山全景へ> <奥白根山・皇海山へ> <男体山へ>

<日光連山全景>−サンシャイン60より


(サンシャイン60 60F 4月上旬10時40分 120mm F11 1/500)

日光連山は東京の北の地平線を司る代表的な山だ。赤城山よりは遠く、殆ど武尊山と同じ程度の 距離にありながら、その標高の高さ故に大変良く展望できる。東京から見える 日光連山の長さは、秩父に次ぐ長さだ。その西端は関越道から、東端は東北道から大変良く展望できる。 百名山が3座と多いのも秩父の5座に次いでの多彩さだ。奥白根山は東日本第一の高さを誇り、 男体山は日光の象徴だ。またの名を二荒山、二荒山神社は男体山そのものがご神体だ。皇海山は 日光連山南部の山、この山は東京から見れば台形に見え、日光半月山から見れば双耳峰、北側から見れば ピラミダルな端正な山容を見せる。
(袈裟丸山方位:342.5度、奥白根山方位:347.3度、男体山方位:351.5度、女峰山方位:354.2度)























東京からの展望(全集)


<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <東京リストへ戻る>

(18)日光連山

<高層ビルと日光連山へ> <日光連山全景へ> <奥白根山・皇海山へ> <男体山へ>

<奥白根山・皇海山>−サンシャイン60より



(サンシャイン60 60F 4月上旬10時40分 300mm F11 1/350)























東京からの展望(全集)


<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <東京リストへ戻る>

(18)日光連山

<高層ビルと日光連山へ> <日光連山全景へ> <奥白根山・皇海山へ> <男体山へ>

<日光男体山>−サンシャイン60より



(サンシャイン60 60F  4月上旬10時40分 300mm F11 1/350)