東京からの展望(全集)


<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <東京リストへ戻る>

(15)上信越国境の遥かなる山々−5(谷川連峰)

<浅間山・四阿山へ>  <草津白根山・横手山へ>  <岩菅山へ> <苗場山へ>  <谷川岳へ> <武尊山へ>

<三軒茶屋より谷川岳へ> <恵比寿より谷川連峰へ> <池袋より谷川連峰へ> <川越付近荒川土手より谷川連峰へ>  

<2005年1月02日細部撮影はこちらから>


<谷川連峰>−恵比寿ガーデンプレースより



2001年1月18日、この年2回目の国境の山々が出現、その美しさと幽玄の世界に思わず目を見張った。 ここが東京南部の恵比寿だと言うことを忘れさせる光景が目の前にある。 そして池袋からでさえ捉えることができなかった、谷川連峰が見事に晴れ上がっている。
この恵比寿からは谷川岳自体は赤城山鍋割山に隠されるが、連峰の最高峰の仙ノ倉山をはじめとした山々が、 スモッグと150kmの間に漂う薄いガスのためおぼろげながら見えているではないか。 この最も展望困難な連峰を最遠の地恵比寿から捉えた日本初の写真がこれだ。
(仙ノ倉岳方位:329度)
(恵比寿ガーデンプレース 39F 1月18日07時40分 450mm *2リング F5.6 1/250)


志賀高原 <上関越道赤城高原SAへ>  <谷川岳へ>



















東京からの展望(全集)


<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <東京リストへ戻る>

(15)上信越国境の遥かなる山々−5(谷川連峰)

<浅間山・四阿山へ>  <草津白根山・横手山へ>  <岩菅山へ> <苗場山へ>  <谷川岳へ> <武尊山へ>

<三軒茶屋より谷川岳へ> <恵比寿より谷川連峰へ> <池袋より谷川連峰へ> <川越付近荒川土手より谷川連峰へ>

<谷川連峰>−サンシャイン60より

子持山の右手に赤城山がある。その間に関越道、国道17号線、JR上越線が走っている。 その奥に谷川岳がある。ここサンシャインからは仙ノ倉岳から右側が赤城山に隠される。
谷川岳の本峰が見える場所は東京都区内では西端でないと難しい。都区内では環状8号線 あたりまで行かないと見えないようだ。しかしそこに適当なビルがあるかどうか?

(仙ノ倉岳方位:329度)

(サンシャイン60 2月上旬14時40分 300mm F11 1/350)























東京からの展望(全集)


<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <東京リストへ戻る>

(15)上信越国境の遥かなる山々−5(谷川連峰)

<浅間山・四阿山へ>  <草津白根山・横手山へ>  <岩菅山へ> <苗場山へ>  <谷川岳へ> <武尊山へ>

<三軒茶屋より谷川岳へ> <恵比寿より谷川連峰へ> <池袋より谷川連峰へ> <川越付近荒川土手より谷川連峰へ>

<谷川連峰>−川越付近荒川土手より



(川越付近荒川土手 1月中旬11時30分 300mm F11 1/500)





















東京からの展望(全集)


<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <東京リストへ戻る>

(15)上信越国境の遥かなる山々−5(谷川連峰)

<浅間山・四阿山へ>  <草津白根山・横手山へ>  <岩菅山へ> <苗場山へ>  <谷川岳へ> <武尊山へ>

<三軒茶屋より谷川岳へ> <恵比寿より谷川連峰へ> <池袋より谷川連峰へ> <川越付近荒川土手より谷川連峰へ>

<谷川岳>−三軒茶屋キャロットタワーより




[上右写真]
(キャロットタワー26階EL 2005年02月22日09時35分 Cannon EOS Kiss 300mm*2倍*1.6倍=960mm)
2003年12月08日、前日は強い冬型、しかし吹き出しは一時的で前日夕方には風も収まり、翌朝の予想天気図には気圧の峰も予想された。 場合によっては東京大展望のパターンになると前日からスタンバイした。12/8早朝には我が家から見える唯一の北山である 女峰山がくっきりと見える事を確かめた。東京は曇りで北の地平線に隙間が空いていて、大展望のパターンはすべて揃った。 いよいよ未撮影の三軒茶屋キャロットタワーからの谷川岳本峰撮影のチャンス到来である。 この間に中村健さんの西東京市からの北山大展望の第一報が伝わった。
キャロットタワー26階がオープンする時刻は9時30分からである。年末の月曜日ともなればスモッグの立ち上がりも早い。 9時30分、オープンと共に飛び込んで26階エレベーターホールから北の地平線を眺めたが、 スモッグの地平線は日光連山より遙かに高く立ち上がっていて、北山はほとんど絶望的であった。 上空は曇り、富士山等は雲の中である。
念のため双眼鏡にて北の地平線を捜査して驚いた。赤城山がかすかに見えて、その左に谷川岳だけがスモッグに 負けないでうっすらと見えているではないか。仙ノ倉岳から苗場山などはすでにスモッグに埋没しているにもかかわらず、 谷川岳のみが見えている。何故このような事があるのか、検討は後にして撮りまくった。光学レンズ換算で 最大960mmの超望遠を利かせて撮りまくった。
受光素子はうっすらと谷川岳の姿を捉えていた。徹底的なレタッチで浮き上がらせた結果、 画質は悪いが、オキの耳、トマの耳、茂倉岳、オジカ沢ノ頭、川棚ノ頭などを捉えていた。
東京大展望、21世紀の今日、まさに神様の大サービスである。
東京からの山岳展望、1993年から10年、谷川岳撮影を以てここに完結した。

写真はよ良い画質を求めて2005年2月22日9時35分、移動性高気圧初期の当日は平日にも拘わらず国境の山々を 余すところ無くさらけ出してくれた。写真はその時に捉えた画像に差し替えたものである。

[上左写真]
(キャロットタワー26階EL 2005年02月22日09時35分 Cannon EOS Kiss 200mm*2倍*1.6倍 Pモード)
今シーズンは冬型が安定せず、繰り返し寒気団がやってくる。冬型の気圧が緩むとき、北山の大展望のチャンスである。 2005年02月22日、この日は冬型が緩み、大きな移動性高気圧となって広く晴天域が広がったときである。 当日の朝は関東南部にまだ風が残り、平日にも拘わらずスモッグに覆われることなく国境の山々が全て発現するという大展望のチャンスが訪れた。
09時30分開場と共にエレベータ−ホールに陣取って余すところ無く撮り終えた。 谷川岳はオキ・トマの双耳峰が良く区別でき、山肌も識別できるほどに撮ることが出来た。