東京からの展望(全集)


<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <東京リストへ戻る>

(10)上信越国境の遥かなる山々−2(草津白根山・横手山)

<浅間山・四阿山へ>  <草津白根山・横手山へ>  <岩菅山へ> <苗場山へ>  <谷川岳へ> <武尊山へ>
 

<2001年1月18日撮影はこちらから>   <2005年1月02日撮影はこちらから>



<草津白根山・横手山>−恵比寿ガーデンプレースより



(恵比寿ガーデンプレース 39F 2月上旬07時45分 300mm F11 1/350)

秩父の稜線が地平線に没するところ、本白根山、草津白根山から苗場山に至る上信越国境の山々が、 恵比寿からでも展望できる。滅多なことでは姿を現さない山々だが、 季節風の吹き終わる朝など年に1,2回、日の出から1時間程度がチャンスだ。 この時間を逃すと、わき上がる東京のスモッグに没してしまう。 この写真もそういうチャンスと思われる毎朝、通い続けてやっと捉えた上信越国境の山々の全容だ。

ところでこの写真、1998年2月6日の撮影だ。まさに明日から長野オリンピックが始まろうとしているときだ。 赤石山の手前には東館山があって、男子回転を始め多くのアルペン種目が開催される。また岩菅山は もともと男子滑降のコースとなるところだった。辛うじて自然破壊から免れ、志賀高原の山々の中でも自然が保たれている 貴重な山となっている。そんな瞬間を遠く東京の恵比寿から見ているのだ。
(本白根山方位:316度、岩菅山方位:319.8度)
志賀高原 <上信越道富岡ICへ>  <志賀高原へ>

草津白根山 <本白根山へ>  <草津白根山へ>
















東京からの展望(全集)


<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <東京リストへ戻る>

(10)上信越国境の遥かなる山々−2(2001年1月撮影の草津白根山・横手山・岩菅山)

<浅間山・四阿山へ>  <草津白根山・横手山へ>  <岩菅山へ> <苗場山へ>  <谷川岳へ> <武尊山へ>

 <1998年撮影に戻る>

<草津白根山・横手山・岩菅山>−恵比寿ガーデンプレースより



(恵比寿ガーデンプレース 39F 2001年1月18日07時40分 450mm *2リング F5.6 1/250)

この写真は、2001年1月18日朝、この年2回目の東京大展望の時のもの、強い冬型の一瞬のゆるみのタイミングを 予想して暗い内からスタンバイ、恵比寿から見えるすべての国境の山々が、見事に出現した。 日の出から約1時間、8時にはスモッグの立ち上がりの中に没していった。 1998年の写真に比べて、可成り細部にわたる山々が取材できたことは大成功である。 加えて恵比寿からの谷川連峰や武尊山は、日本初の撮影成功であり、最遠の撮影記録を作ったことになる。

(本白根山方位:316度、岩菅山方位:319.8度)