東京からの展望(全集)


<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <東京リストへ戻る>

(9)上信越国境の遥かなる山々−1(浅間山・四阿山)

<浅間山・四阿山へ>  <草津白根山・横手山へ>  <岩菅山へ> <苗場山へ>  <谷川岳へ> <武尊山へ>

<恵比寿GPより浅間山へ> <池袋SSより浅間山へ> <川越より浅間山へ> <池袋SSより四阿山へ> <川越より四阿山へ>  

<2005年1月02日撮影はこちらから>


<浅間山>−恵比寿ガーデンプレースより

上信越国境の山々を東京から展望しようとするとそれは困難を極める。太平洋側と日本海側の気象条件が全く逆だからだ。 このことは上信越国境のみならず、奥白根山や那須連山にも当てはまるが。その中にあって浅間山はそれでもその北西側に 妙高山や四阿山など多くの山々があって、日本海側の天候が回復するときに真っ先に晴れ上がるので比較的見える方だ。 ただ秩父の山々のため東京南部では山頂部のみ、北部に行くに従って次第に全容を現し、埼玉県では秀麗な姿を完全に見ることが出来る。 その変化を恵比寿、池袋川越の埼京線ラインで展望したのでここに紹介する。
(浅間山方位:307.5度)

(恵比寿ガーデンプレース39F 2月上旬07時15分 300mm F11 1/350)

浅間山 <上信越道佐久平PAへ>  <浅間山へ>
























東京からの展望(全集)


<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <東京リストへ戻る>

(9)上信越国境の遥かなる山々−1(浅間山・四阿山)

<浅間山・四阿山へ>  <草津白根山・横手山へ>  <岩菅山へ> <苗場山へ>  <谷川岳へ> <武尊山へ>

<恵比寿GPより浅間山へ> <池袋SSより浅間山へ> <川越より浅間山へ> <池袋SSより四阿山へ> <川越より四阿山へ>

<浅間山>−池袋サンシャイン60より




恵比寿からの展望と異なって浅間山が笠山の右に覗くようになり、裾野まで見えるようになる。 笠山の前後には御荷舗山系があって、山が3重になって見えている様子がよく分かる。 さらに川越まで前進すれば素晴らしい浅間山の全貌が展望できる。
浅間山の右には四阿山が展望できる。この日は珍しく晴れ上がってしかも視界良好、こんなチャンスは一冬に一度あればよい方だ。 3年間待ち続けた瞬間を捉えたスナップだ。 (浅間山方位:304.7度、四阿山方位:307.8度)

(池袋サンシャイン60  2月上旬14時15分 300mm F11 1/500)
浅間山 <上信越道佐久平PAへ>  <浅間山へ>

四阿山 <上信越道小布施PAへ>  <四阿山へ>






















東京からの展望(全集)


<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <東京リストへ戻る>

(9)上信越国境の遥かなる山々−1(浅間山・四阿山)

<浅間山・四阿山へ>  <草津白根山・横手山へ>  <岩菅山へ> <苗場山へ>  <谷川岳へ> <武尊山へ>

<恵比寿GPより浅間山へ> <池袋SSより浅間山へ> <川越より浅間山へ> <池袋SSより四阿山へ> <川越より四阿山へ>

<浅間山>−川越付近荒川土手より

川越に近い荒川土手は上信越国境の山々の絶好の展望箇所になる。特に荒川東岸の土手は、広い河原の向こうに 山を見ることとなり、まことに都合がよい。ただし秩父こそよく展望できるものの、上越国境ともなれば よほど幸運に恵まれなければ、ということには変わりない。 とにかくここからの浅間山の姿は、形容する言葉を知らない。

(川越付近荒川土手 1月中旬11時30分 300mm F11 1/500)



























東京からの展望(全集)


<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <東京リストへ戻る>

(9)上信越国境の遥かなる山々−1(浅間山・四阿山)

<浅間山・四阿山へ>  <草津白根山・横手山へ>  <岩菅山へ> <苗場山へ>  <谷川岳へ> <武尊山へ>

<恵比寿GPより浅間山へ> <池袋SSより浅間山へ> <川越より浅間山へ> <池袋SSより四阿山へ> <川越より四阿山へ>

<四阿山>−池袋サンシャインより



笠山の右に細い白銀の稜線が現れた。四阿山の出現を3年間待った。冬の季節風をまともに受け、浅間山より低く遠い山は 文献には東京から見える山とされているものの、その位置すら定かではなかった。忽然と現れ4時間ほどのうちにやがて再び姿を消していった。 ご覧の通りの展望だから東京でも池袋より南では見ることは不可能、秩父の稜線を避けて川越付近まで北上すると、 素晴らしい山容を見ることが出来る。ただしよほどの幸運に恵まれればだが。
四阿山の右はもう草津白根山、横手山の山々だ。白銀に輝いているとはいえ、日本海側の気象に影響されている 日本有数のスキー場の山々のことだ。よほどのチャンスでもない限り明瞭な写真を得ることなど不可能だ。 (四阿山方位:307.8度、浅間隠山方位:310度)

(池袋サンシャイン60  2月上旬14時15分 300mm F11 1/500)


























東京からの展望(全集)


<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <東京リストへ戻る>

(9)上信越国境の遥かなる山々−1(浅間山・四阿山)

<浅間山・四阿山へ>  <草津白根山・横手山へ>  <岩菅山へ> <苗場山へ>   <谷川岳へ> <武尊山へ>

<恵比寿GPより浅間山へ> <池袋SSより浅間山へ>  <川越より浅間山へ> <池袋SSより四阿山へ> <川越より四阿山へ>

<四阿山>−川越付近荒川土手より

川越付近の荒川土手からは、浅間山と共に秀麗な四阿山の全貌がが展望できた。 高速道路でも関東平野から見ることの出来る浅間山と異なり、この山は長野の先まで 行かないと展望不可能な山だ。この裏側は根子岳、その山麓は菅平スキー場で有名なところだ。

(川越付近荒川土手 1月中旬11時30分 300mm F11 1/500)

<池袋サンシャインより四阿山へ>