東京からの展望(全集)


<見出に戻る> <戻る> <次へ> <東京リストへ戻る>

(8)大秩父の山々−5(丸山・笠山・東御荷鉾山)

<大菩薩連嶺へ> <奥秩父の主稜線へ> <雲取山・甲武信岳へ> <両神山・武甲山・赤久縄山へ> <丸山・笠山・御荷鉾山系へ>

<丸山・笠山・御荷鉾山系へ> <御荷鉾山系へ>

<丸山・笠山>−恵比寿ガーデンプレースより


秩父の山々はさらに北へ低く延びている。その秩父の稜線の向こうに浅間山が先ず山頂部を覗かせる。 そしてそのまま遙かに草津白根山、横手山など上越国境の山々が並ぶこととなる。浅間山は東京を北に上がるに従って その美しい山容が見えるようになる。
(赤久縄山方位:304.7度、浅間山方位:307.5度、笠山方位:310.5度、本白根山方位:316度)

(恵比寿ガーデンプレース38F  2月上旬07時45分 200mm F11 1/500)
奥武蔵 <丸山・笠山・堂平山へ>  <伊豆ヶ岳へ>

御荷鉾 <関越道藤岡ICへ>  <赤久縄山へ>

浅間山 <関越道佐久平PAへ>  <浅間山へ>
















東京からの展望(全集)


<見出に戻る> <戻る> <次へ> <東京リストへ戻る>

(8)大秩父の山々−5(丸山・笠山・東御荷鉾山)

<大菩薩連嶺へ> <奥秩父の主稜線へ> <雲取山・甲武信岳へ> <両神山・武甲山・赤久縄山へ> <丸山・笠山・御荷鉾山系へ>

<丸山・笠山・御荷鉾山系へ> <御荷鉾山系へ>

<御荷鉾山系>−サンシャイン60より

御荷鉾山系は最高峰の赤久縄山、西御荷鉾山、東御荷鉾山、雨降山の4座からなる群馬の山だが このあたりまでくると、秩父の稜線も低くなってその背後の御荷鉾山系や浅間山、さらに四阿山までもが見えてくる。 御荷鉾山系の中でも特徴ある円錐形の東御荷鉾山、西御荷鉾山などは、関越道での平野部を楽しませてくれる。 そしてこれらの山々は都内でも北部に行くと見えてくる。東京からは4座とも展望できるが、西御荷鉾山は、 東御荷鉾山の左に、山容の殆どを秩父の山にマスクされ、僅かに右の稜線が覗いているだけだ。 (浅間山方位:304.7度)

(サンシャイン60 60F 11月中旬11時20分 300mm F11 1/500)
御荷鉾 <関越道藤岡ICへ>  <東・西御荷鉾山へ>

浅間山 <関越道佐久平PAへ>  <浅間山へ>