東京からの展望(全集)


<見出に戻る> <戻る> <次へ> <東京リストへ戻る>

(5)大秩父の山々−2(奥秩父の主稜線)

<大菩薩連嶺へ> <奥秩父の主稜線へ> <雲取山・甲武信岳へ> <両神山・武甲山・赤久縄山へ> <丸山・笠山・御荷鉾山系へ>

<奥秩父の主稜線へ> <奥秩父の最高峰群1へ> <奥秩父の最高峰群2へ> <金峰山拡大へ>

<奥秩父の主稜線>−恵比寿ガーデンプレースより


(恵比寿ガーデンプレース39F 2月上旬07時45分 120mm F11 1/500)

秩父の山々を東京から眺めると、奥秩父の高峰群は東京に近い東側の前衛の山に遮られて良く展望できない。 しかし恵比寿のような東京南部では、奥多摩の前衛の山にも透き間が空いて、その奥が見える場所がある。 この場所では御岳山、大岳山の向こうに御前山が、さらに鷹ノ巣山の向こうに雲取山の稜線があり、 武田信玄の菩提寺の乾徳山恵林寺の背景の山に相当する乾徳山、黒金山、さらには奥秩父最高峰の北奥千丈岳 に至る秩父の主稜線が幾重にも折り重なって見えている。
大菩薩嶺に続く稜線の北にはやや独立した特徴ある山容の鶏冠山がある。新宿以北に行くと御前山に隠されて見えなくなるが、 長大な大菩薩連嶺はこの鶏冠山から南に向けて始まる。新宿以南でも三頭山が鶏冠山と大菩薩嶺の間に割り込んで、 鶏冠山が大菩薩連嶺の一員だと言うことが理解しにくい。主稜線から見ると前飛龍の少し奥の南に位置することとなる。 この前飛龍と鶏冠山の間に青梅街道が甲府へ向けて走っている。
ところでその鶏冠山だが、全国にいくつかの鶏冠山があって、「トサカヤマ」、「ケイカンザン」 など違った呼び方をしている。 旭電機にお勤めで、一等三角点を追求されている池沢氏が調べてお知らせ頂いたので、それを 紹介する。
日本山名総覧(白山書房 発行)では 鶏冠山は2.5万分ノ1 地形図には5座が載っています。
標高1716m(黒川山) ケイカンザン 塩山市 地形図「柳沢峠」
標高2115m ケイカンザン(トサカヤマ) 三富村 「金峰山」
標高2248m ケイカンザン(トサカヤマ) 南信濃村 「池口山」
標高 491m ケイカンザン 大津市 「三雲」
標高 168m トサカヤマ 和歌山市 「丸栖」
「山の本」の仲間で 山名に詳しい者に聞いてみますと、 黒川鶏冠山は山の型から地元の古老が「とさか」と呼んでいるそうです。 しかし 文献では「けいかんざん」となってます。
以上がお便りを下さった池沢氏の調査結果である。ここに池沢氏のご好意に深く感謝いたします。

(三頭山方位:278.5度、北奥千丈岳方位:283.5度、雲取山方位:287.5度)
奥多摩 <御嶽山へ>  <大岳山へ>  <御前山へ>  <三頭山へ>

奥秩父 <中央道釈迦堂PAへ>  <雲取山へ>  <国師岳・北奥千丈岳へ>  <金 峰 山へ>

































東京からの展望(全集)


<見出に戻る> <戻る> <次へ> <東京リストへ戻る>

(5)大秩父の山々−2(奥秩父の主稜線)

<大菩薩連嶺へ> <奥秩父の主稜線へ> <雲取山・甲武信岳へ> <両神山・武甲山・赤久縄山へ> <丸山・笠山・御荷鉾山系へ>

<奥秩父の主稜線へ> <奥秩父の最高峰群1へ> <奥秩父の最高峰群2へ> <金峰山拡大へ>

<奥秩父最高峰群−1>−恵比寿GPより拡大

同じ場所を拡大すると主稜線上の山々が大変良く分かる。これだけ遠近感が分かるほどの視界に恵まれる日は多くない。 また最奥の最高峰は北奥千丈岳と国師岳が別れて見えることが分かる。


(恵比寿ガーデンプレース39F 2月上旬07時45分 300mm F8 1/500)




































東京からの展望(全集)


<見出に戻る> <戻る> <次へ> <東京リストへ戻る>

(5)大秩父の山々−2(奥秩父の主稜線)

<大菩薩連嶺へ> <奥秩父の主稜線へ> <雲取山・甲武信岳へ> <両神山・武甲山・赤久縄山へ> <丸山・笠山・御荷鉾山系へ>

<奥秩父の主稜線へ> <奥秩父の最高峰群1へ> <奥秩父の最高峰群2へ> <金峰山拡大へ>

<奥秩父最高峰群−2>−羽田空港より

同じ場所を羽田空港まで南下してみると、北奥千丈岳と国師岳が区別出来るようになる。
また東京もここまで南下すると北奥千丈岳の南の主稜線上に金峰山の山頂部が覗くようになる。 ただよほど注意して見ないと見落とすほどの小さな、しかし白銀に輝いた山頂部でもある。
(金峰山方位:289.5度)

(羽田空港展望デッキ 1月下旬09時15分 300mm F5.6 1/500)



































東京からの展望(全集)


<見出に戻る> <戻る> <次へ> <東京リストへ戻る> <百名山リストへ戻る>

(5)大秩父の山々−2(奥秩父の主稜線)

<大菩薩連嶺へ> <奥秩父の主稜線へ> <雲取山・甲武信岳へ> <両神山・武甲山・赤久縄山へ> <丸山・笠山・御荷鉾山系へ>

<奥秩父の主稜線へ> <奥秩父の最高峰群1へ> <奥秩父の最高峰群2へ> <金峰山拡大へ>

<金峰山拡大>−羽田空港より

秩父の盟主金峰山は、計算上では東京南部から見えるとされているが、北奥千丈岳より3m低い上に、 ほぼ北奥千丈岳の視線上にあって、聖岳同様とても山容全体が見えるものではない。 3年間探し続けたが、積雪期になってようやく樹木に覆われた北奥千丈岳の稜線と、その奥にある 森林限界を越えた白銀の金峰山頂の区別が出来てその存在が確認出来た。 念のため飛行機を撮影に来ていたアマチュアカメラマンの持つ本格的な 500mの超望遠レンズを借りて稜線の前後関係を確認してこれが金峰山であることを断定した。 大望遠鏡をもってすれば多分五丈岩が見えるのではないかと想像するが、簡易な超望遠レンズでは とても望むべくもない。 とにかくこれでも秩父の最西端の高峰で、東京から見えるさいはての山でもあることには間違いない。


(羽田空港展望デッキ 1月下旬09時15分 1500mm F13 1/60 SKYVIEW DM-50)