東京からの展望(全集)


<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <東京リストへ戻る>

(4)大秩父の山々−1(大菩薩連嶺) 

<大菩薩連嶺へ> <奥秩父の主稜線へ> <雲取山・甲武信岳へ> <両神山・武甲山・赤久縄山へ> <丸山・笠山・御荷鉾山系へ>

<大菩薩連嶺>−恵比寿ガーデンプレースより


(恵比寿ガーデンプレース39F 2月上旬07時45分 120mm F11 1/500)

南アルプスが滝子山に隠される所からいよいよ長大な秩父の山並みが始まる。本来秩父は東西に連なる 山脈で、奥多摩の1000mに満たない高尾山や御岳山を東端として、大岳山、御前山、三頭山と次第に高度を上げ、 雲取山の稜線にいたって2000mに達する。東京都の最高地点でもある。さらに西に進み、飛龍、甲武信岳、 北奥千丈岳、金峰山にいたって2600m級の高度に達する。甲府の北に当たる地点だ。大菩薩連嶺は、秩父の 主稜線が東西に走っているのに対し、雲取山の先から南北に分かれた支脈を形成している。南端の滝子山から、 北端の最高峰大菩薩嶺に至る連嶺を東京から眺めるため、ことさら起伏の乏しい長大な壁を見ることとなる。 滝子山の下は現代の交通の要であり、大菩薩峠はいにしえの交通の要衝だったことは言うまでもない。 この起伏の少ない連嶺も、主稜線に登ってみると案外にピークがあって、それぞれのピークに名前が付いて いるのがよく理解できる。大菩薩嶺山頂近くから南北に主稜線を見た景観は、中央道からのビューポイント で紹介している通りである。なお大菩薩嶺山頂自体は林に囲まれ全く見通しが利かない。
(滝子山方位:266.5度、小金沢丸方位:274.2度、大菩薩嶺方位:278度)
奥多摩 <扇  山へ>  <権現山へ>  <陣馬山へ>  <三頭山へ>

大菩薩  <中央道大月ICへ>  <中央道境川PAへ>  <滝 子 山へ>  <雁ヶ腹摺山・黒岳・大蔵高丸へ>  <大菩薩嶺へ>