東京からの展望(全集)


<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <東京リストへ戻る>

(3)御坂山塊から南アルプス

<御坂山塊へ> <南アルプス中部の山々へ> <南アルプス北部の山々へ> <南アルプス南部の山々へ>  <聖岳へ>

<御坂山塊>−恵比寿ガーデンプレースより



道志山塊が西に遠ざかりながら尽きるところ、東京からはほぼ正面に見える御坂山塊がある。 御坂山塊は中央道を彩る山々で、河口湖畔や甲府盆地などで誰でも一度は 目にしている山々だ。山塊には富士の展望で有名な三ツ峠山をはじめ、御坂黒岳、釈迦ケ岳などがあって、 その東側の山々が東京から展望できる。そしてここ恵比寿ガーデンプレースからは三ツ峠山を中心とした 大変立派な山容を見ることが出来る。
さらにその背後にある南アルプス南部の山々が覗いている様子がよく分かる。その3000m峰の中でも 赤石岳の右稜線が三ツ峠山の南稜にかすかに覗いていることが50m数値地図によって確認され、 また三ツ峠山、北稜には悪沢岳が僅かに覗いている。

文献によれば、聖岳は東京の赤羽あたりで見えるという。この方面をずいぶん探したが、今は建物が林立して いる上に、公開の高層ビルも無い。カシミールを使って50m数値地図で捜索したが、地表面ではほとんど見えるところなし、 50m以上の高さで、かろうじて渋谷の首都高速付近で三つ峠山の鞍部に見えることが確かめられた。 しかし東急デパートを除いては公開のビルはなく、その他では同一視線上にある首都高中央環状線が国道6号線を またぐ付近と答がでた。長いこと恵比寿ガーデンプレースから見える赤石岳を聖岳と誤認していたが、国土地理院から 道路地図が配布されてから、ようやく都内の建物の位置が正確に把握できるようになり、誤認が明らかとなった。
ここに渋谷付近からの聖岳を捉えた写真を紹介する。 (本社ケ丸方位:263.5度)

(恵比寿ガーデンプレース39F 2月上旬08時00分 300mm F11 1/500)
 相模湖・御坂山塊 <石老山へ>  <三ツ峠山へ>  <御坂黒岳へ>























東京からの展望(全集)


<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <東京リストへ戻る>

(3)御坂山塊から南アルプス

<御坂山塊へ> <南アルプス中部の山々へ> <南アルプス北部の山々へ> <南アルプス南部の山々へ>  <聖岳へ>  

<2005年1月02日細部撮影はこちらから>


<南アルプス中部の山々>−恵比寿ガーデンプレースより



東京からの南アルプスは、御坂山塊の本社ケ丸と大菩薩連嶺南端の滝子山の間に見える。この間は丁度覗き窓のように 開けていて、中央道や中央本線、甲州街道などが集中し甲府盆地へ通じている。 そしてこの覗き窓の向こうに南アルプスの峰々が展開していて、東京でも場所を変えることによってによって 合計8座の3000m峰を見ることが出来る。 恵比寿からは南アルプス中央部の塩見岳が、滝子山の右に農鳥岳、三ツ峠山の右に悪沢岳、左に赤石岳が僅かに展望できる。
恵比寿は南アルプスに対して視線方向が都心にあたり、赤坂の高層ホテル群、東京タワー、レインボ−ブリッジ、お台場 などと同じ景観となる。つまり塩見岳は東京でも都心だけでしか展望できないこととなる。さらに南アルプスの 東側の下界からは、都心以外望むことが出来ない大変不思議な存在となっている。伊那谷は松川あたりのの故郷の山 であると同時に東京の隠れた故郷の山といってもよいのだろう。
(蝙蝠岳方位:265.2度、滝子山方位:267.1度)

(恵比寿ガーデンプレース39F 1月下旬11時15分 300mm F11 1/500)

 奥多摩・中央沿線 <高 尾 山へ>  <景 信 山へ>  <扇  山へ>  <滝 子 山へ>  <三ツ峠山へ>  <御坂黒岳へ>

 南アルプス <中央道座光寺PAへ>  <間ノ岳→塩見岳へ>
























東京からの展望(全集)


<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <東京リストへ戻る>

(3)御坂山塊から南アルプス

<御坂山塊へ> <南アルプス中部の山々へ> <南アルプス北部の山々へ> <南アルプス南部の山々へ>  <聖岳へ>

<南アルプス北部の山々(白峰三山)>−羽田空港より



(羽田空港新ターミナルビル展望デッキ 1月下旬09時15分 300mm F11 1/500)

恵比寿から羽田までは南に直線距離にして約10Kmのところにある。 ここ羽田空港の新ターミナル展望デッキは南アルプス北部の北岳、間ノ岳、農鳥岳の白峰三山を望む絶好の 場所となっている。従来から六郷土手が白峰三山の展望場所とされていたが、今は建物が林立してとても無理、そこで登場したのが この場所だ。朝早くから夜まで、無料だし、山の方角は滑走路だから遮るものがない。南アルプスとジャンボジェットが同時に写真に収まる。
とにかくその美しさは信じがたいほど、多くの人たちが忽然と浮かぶ、白い山脈に不思議なまなざしを送り、 それがアルプスだと教えると一様に信じられないような顔つきをする。それほどアルプスは東京人にとって 遠い存在なのだ。
なをこの景観は、同じ視線上にあたる東京湾アクアラインの海ほたるPAからも眺めることが出来る。
(農鳥岳方位:273.8度、北岳方位:276.3度)

 南アルプス <中央道釈迦堂PAへ>  <中央道駒ヶ根ICへ>  <北岳・間ノ岳へ>























東京からの展望(全集)


<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <東京リストへ戻る>

(3)御坂山塊から南アルプス

<御坂山塊へ> <南アルプス中部の山々へ> <南アルプス北部の山々へ> <南アルプス南部の山々へ>  <聖岳へ>

<南アルプス南部の山々(悪沢岳、赤石岳)>−池袋サンシャイン60より

恵比寿からさらに10Kmほど北上したところが池袋だ。池袋のサンシャイン60はすでに山岳展望として 絶好のロケーションあることはよく知られている。ここからの南アルプス3000m級は南部の 悪沢岳と赤石岳の2座が展望できる。ただ位置的には前山に隠される部分が多くあまり見栄えがしない。 参考までに赤羽あたりでは赤石岳の全容が展望できる。ただ展望に適した建物があればだが。
(本社ケ丸方位:258.5度、悪沢岳方位:260.2度、扇山方位:261.3度)

(池袋サンシャイン60 12月下旬11時15分 300mm F11 1/750)

 南アルプス <中央道釈迦堂PAへ>  <仙丈ヶ岳→悪沢岳・赤石岳へ>























東京からの展望(全集)


<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <東京リストへ戻る>

(3)御坂山塊から南アルプス

<御坂山塊へ> <南アルプス中部の山々へ> <南アルプス北部の山々へ> <南アルプス南部の山々へ>  <聖岳へ>

<聖岳>−渋谷のオフィスビルより

聖岳は長い間、恵比寿ガーデンプレースから見える三つ峠山の南稜にある白点を聖岳と誤認していたが、 国土地理院から道路地図が配布されてガーデンプレース自体の位置が明確になり、再度確認した結果、これが赤石岳と言うことがわかった。
カシミールが予言するところは、聖岳が東京から展望できる箇所はほとんどない。 が、その僅かな展望箇所からの見え方は、三つ峠山と道志山塊の鞍部に、わずかに山頂部を見せると言うものだった。 その展望可能な幅はきわめて狭く、地表面では中央環状線が国道14号線をまたぐ付近の幅1km程度、 また渋谷付近では地上100程度ならば同じ展望が得られるとも予言している。ただしその幅は500m程度と想定される。
そこで上記の線上にある公開ビルを調べたが皆無、渋谷の旧東邦生命ビルが撮影当時の唯一のビル、やむなくそのビルにあがって、 なんとが展望スペースを見つけたところが予言通り、見事に捉えることができた。 この展望に足かけ5年を要したことになる。 地上高は推定で85m程度、あと2フロア下がると展望不能というきわどい場所だった。
この写真だけでは、なかなか証拠にならないので、同じ場所から描いた、100m地上高のCGを参考にしていただきたい。
(聖岳方位:259.1度)


 南アルプス <中央道釈迦堂PAへ>  <東名道日本平PAへ>























渋谷東邦生命ビル・地上高100m地点からのカシミール計算結果CG


 
<聖岳写真へ>