東京からの展望(全集)


<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <東京リストへ戻る>

(2)丹沢山から富士・道志山塊

<丹沢山・富士山・道志山塊へ> <富嶽四景−羽田からの富士へ>  <富嶽四景−恵比寿からの富士へ>

<富嶽四景−池袋からの夕暮れの富士へ>  <富嶽四景−戸田からの富士へ>

<丹沢山・富士山・道志山塊>−恵比寿ガーデンプレースより


(恵比寿ガーデンプレース38F 2月中旬11時15分 120mm F11 1/500)

箱根山の稜線の北側から丹沢山の稜線が始まる。東京から最も近いこの山は、南端の大山が最も近く 約60Km、北に行くにつれて東京から遠ざかる。丹沢山は南東から北西に延びる山脈で、北西の端 の桧洞丸、袖平山、大室山で終わり、そのまま2000mに満たない低い標高の道志山塊に連なって行く。 その西端(東京からは北側)は、山中湖の手前にまで達する。
(大山方位:239度、富士山方位:249度、大室山方位254度、道志山塊方位:258度)
 高速道路  <東名道海老名SAへ>  <東名道鮎沢PAへ>  <中央道調布IC付近へ>  <中央道石川PAへ>

 丹沢主稜  <丹沢山〜蛭ヶ岳へ>  <大  山へ>  <塔ヶ岳・鍋割山へ>  <桧 洞 丸へ>

 丹沢前衛  <高取山・仏果山・経ヶ岳へ>  <大 野 山へ>  <権現山・弘法山へ>

 道 志   <大室山・加入道山へ>  <菜 畑 山へ>  <今倉山・二十六夜山へ>  <御正体山へ>  <杓子山・鹿留山へ>

 富士山  <東名道都夫良野トンネルへ>  <東名道由比PAへ>  <中央道谷村PAへ>  <上信越道湯ノ丸SAへ>

       <御坂黒岳へ>  <雁ヶ腹摺山 へ>  <越後駒ヶ岳へ>  <爺ヶ岳南峰へ>

       <北岳山荘へ>  <仙丈ヶ岳へ>  <富士山へ>























東京からの展望(全集)


<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <東京リストへ戻る>

(2)丹沢山から富士・道志山塊

<丹沢山・富士山・道志山塊へ> <富嶽四景−羽田からの富士へ>  <富嶽四景−恵比寿からの富士へ>

<富嶽四景−池袋からの夕暮れの富士へ>  <富嶽四景−戸田からの富士へ>

<富嶽四景−羽田からの富士>−羽田空港より

東京からの富士はどこから見ても丹沢山を土台にして見える。東京から見る丹沢山の寸法が、 東京の南北の長さに一致しているのか、川崎に下ると大山の左にはみだし、荒川 を渡ると大室山から北にはみ出す。だから東京から見る富士は丹沢山を踏み台にしてひときわ 高く聳えて見える。その中でも恵比寿付近、すなわち東京都心からの富士山が 丹沢山系の最も真ん中にそびえ、バランスのとれた位置にある。
ここ羽田空港は東京南端にあたり、富士山が今にも大山からはみ出さんばかりの位置にあることがよく分かる。

(羽田空港新ターミナルビル展望デッキ 1月下旬8時時20分 100mm F11 1/500)
































東京からの展望(全集)


<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <東京リストへ戻る>

(2)丹沢山から富士・道志山塊

<丹沢山・富士山・道志山塊へ> <富嶽四景−羽田からの富士へ>  <富嶽四景−恵比寿からの富士へ>

<富嶽四景−池袋からの夕暮れの富士へ>  <富嶽四景−戸田からの富士へ>

<<富嶽四景−恵比寿からの富士>−恵比寿ガーデンプレースより

ここ恵比寿付近、すなわち東京都心からの富士山は 丹沢山系の最も真ん中にそびえ、バランスのとれた位置にある。

(恵比寿ガーデンプレース 3月上旬8時20分 200mm F11 1/500)




























東京からの展望(全集)


<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <東京リストへ戻る>

(2)丹沢山から富士・道志山塊

<丹沢山・富士山・道志山塊へ> <富嶽四景−羽田からの富士へ>  <富嶽四景−恵比寿からの富士へ>

<富嶽四景−池袋からの夕暮れの富士へ>  <富嶽四景−戸田からの富士へ>

<富嶽四景−池袋からの夕暮れの富士>−サンシャイン60より

富士山は時として時間を忘れさせる瞬間がある。ここサンシャインビルからも冬になると様々な表情の富士が望める。 そして一時と言えども同じ表情を見せたことがない。落日のもと、金色に輝く富士はその中でも最も感動的な瞬間だ。

(サンシャイン60 28F 12月下旬16時20分 200mm F5.6 1/60)

























東京からの展望(全集)


<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <東京リストへ戻る>

(2)丹沢山から富士・道志山塊

<丹沢山・富士山・道志山塊へ> <富嶽四景−羽田からの富士へ>  <富嶽四景−恵比寿からの富士へ>

<富嶽四景−池袋からの夕暮れの富士へ>  <富嶽四景−戸田からの富士へ>

<富嶽四景−戸田からの富士>−戸田橋付近荒川土手より

ここはもう東京の北のはずれを過ぎてしまっている。荒川の東京寄りにはよいポイントがなく、やむを得ず 橋を亘って土手越えに撮ったものだ。富士はすっかり丹沢山からはずれ、心なしか大きく見える。

(戸田橋付近荒川土手 12月中旬07時15分 200mm F5.6 1/100)