東京からの展望(全集)


<見出に戻る> <戻る> <次へ> <東京リストへ戻る>

(1)最南の山−伊豆大島と天城山から箱根山

<伊豆大島へ>  <天城山へ>  <箱根山へ>

<伊豆大島>−恵比寿ガーデンプレースより

東京から展望できる最南端の山。伊豆大島はここ恵比寿から方位195度、ほぼ南にある。この方角から方位31度の筑波山まで 196度、東京から見える山々は、この広大な範囲で展望できる。
さて伊豆大島は、東京からもっとも大気条件の悪い方角にあたる。もちろんその低い標高(764m)も 一層見えにくいものにしている。天城山がうっすら姿をあらわしても、その南側はほとんどスモッグに覆われていて ほとんど見ることができないが、この写真は4月下旬というのに、前夜の大雨によって大気が洗われ、日曜日という千載一隅の 大チャンスに恵まれた結果だ。待つこと4年、ようやくにしてこの最南の活火山、そして「東京都の山」を捉えることができた。 (三原山方位:195度)
この写真は4年ぶりに捉えたより鮮明な画像である。

(恵比寿ガーデンプレース38F 2006年4月21日 17時22分 250mm*2*1.6 Canon EOS Kiss D)

恵比寿ガーデンプレースより伊豆大島と二子山 2011 12  26 16:19 使用カメラ RICOH CX5

<伊豆大島>−恵比寿ガーデンプレースより

恵比寿からの伊豆大島は滅多に姿を現さない。 この日は季節風が少し緩み天城山も雪雲から解放された夕方、波長が長い赤色の透過度が良くなる夕方になって 濁った大気の奥に姿を現した。前回目撃から5年ぶりの伊豆大島である。目印は三浦半島の一等三角点の山でもある二子山、 この山の右側に山頂部が見えている。

 <三原山へ>




















東京からの展望(全集)


<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <東京リストへ戻る>

(1)最南の山−伊豆大島と天城山から箱根山

<伊豆大島へ>  <天城山へ>  <箱根山へ>

<天城山>−恵比寿ガーデンプレースより



(恵比寿ガーデンプレース38F 2006年04月21日17時23分 Canon EOS Kiss D 200mm*2*1.6)

伊豆大島と同様、展望困難な方角にある天城山は、都内からは京浜工業地帯の向こう側と なって滅多に姿を現さない。冬の明け方か夕暮れにフイに姿を現すことがあり、 東京から見えにくくなった山の代表の一つでもある。 このスナップは南アルプスも雪雲に覆われた強い季節風の吹き荒れる夕方、落日に一瞬姿を現した ところを捉えたもの。これほどにはっきりと見えることは滅多に無いチャンスだ。
2006年4月に捉えた最新作に、画像を入れ替えておこう。
大室山が左裾に、遠笠山が万次郎岳の陰には入って識別できないのは残念だ。 (万三郎岳方位:215.5度)
 <海老名SAへ>

 <天城山へ>

 <三筋山へ>






















東京からの展望(全集)


<見出に戻る> <戻る> <次へ> <東京リストへ戻る>

(1)最南の山−伊豆大島と天城山から箱根山

<伊豆大島へ>  <天城山へ>  <箱根山へ>

<伊豆半島から箱根山へ>−恵比寿ガーデンプレースより


(恵比寿ガーデンプレース38F 2006年04月21 17時24分 Canon EOS Kiss D 180mm*1.6)

天城山から連なる伊豆半島の低い稜線は、北へ近ずきながら、そのまま箱根山へと延びている。 箱根山は天城山から見れば、東京からははるかに近く、その稜線を時々見ることができる。 ゴルファーには大変馴染みのある鞍掛山や、二子山、駒ヶ岳などが手に取るようによく分かる。 (神山方位:231.5度、金時山方位:236.5度)
 <小田原PAへ>

 <箱根山へ>