東名道からの山岳展望

<戻る>


(解説)東名道からの山岳展望案内

東名高速道路は、東京地区につくられた長距離都市間高速道路の内、最も早く開 業した道路だ。東京から名古屋までだが、名古屋から名神高速道路に接続し、さらに 道路の名称を変えながら、南九州まで貫通している。文字通り日本経済を支えて きた大動脈の一つだ。そのため大都市周辺の渋滞は慢性化し、大きな経済損失と 環境問題を提起している。地方の活性化のために、殆ど国道で間に合うような場 所に高速道路をつくる経済効果と、大都市周辺部の時間的ロス、環境問題とどち らが大切なのだろうか。利用密度から見て、経済効果から見て、地球環境問題か ら見て、自ずと対策すべき戦略的政策があろうというもの。 どうも東名道路には渋滞ばかりの印象が強く、このような苦言が先行してしまう。
さて本題に戻ろう。東京料金所をでると厚木ICまで30分、相模川を挟んだ 手前に海老名SAがある。ここからは天城山が視界の良い明け方などに顔を出す。 天城山はここを逃すと、後は伊豆半島の反対側、由井PAまで行かないと展望で きない。箱根山は正面に大変よく見える。丹沢山ともなれば至近距離、大山が大 きく、その左裾に富士が顔を出す。広い空間と迫る丹沢が交錯する世界だ。 丹沢、箱根などは東京からすでに見えていて、特に急速に近ずく丹沢山はその山 容をどんどん変えていくのがよくわかる。
厚木ICから小田原厚木線が分かれる。本線は日本経済の大動脈だが、こち らは箱根山のための観光道路といっても良い。 平塚PA、小田原PAともにICに併設のPAだが、こんなところで休憩する人も少ない。 厚木から小田原まで、普通は一気に走って30分位だから。しかし山岳景観のため なら止まっても価値ある景観が楽しめる。この路線の主役はやはり大山、箱根山、富士だからだ。 小田原PAともなれば、前方を箱根山が大きく立ちはだかり、富士も一段と大きく見えてくる。
本線に戻ろう。中井PAという静かな山間のPAが大井松田ICの手前にある。塔ケ岳が迫っている。 この先、酒匂川に沿って西丹沢の懐に入っていく。東名道でも比較的長い都夫良野トンネル は、丹沢山の南側を巻いて走る道路が最後に丹沢山の麓を貫いているトンネルだ。 このトンネルを出た、まだ山間の静かなところに鮎沢PAがある。ここからは丹沢北部の 最高峰が圧倒的に迫ってくる。足柄SAが近いので殆ど知られていないPAだ。一方無人の鮎沢PAに 対し、設備の良いSAで知られる足柄SAはすぐ先にあって、富士が雄大に、愛鷹山が目の前に、 箱根山が左側に迫っている。
御殿場ICを過ぎていくつかのPAを通過する。相変わらずの雄大な富士と山容の変化 が激しい愛鷹山が面白い。
御殿場を過ぎた東名道は、緩い下り坂で、ほどなく海岸線にでる。伊豆半島を過ぎて駿河湾にでた。 富士川の袂に富士川SAがある。雄大な富士と、愛鷹山、箱根山、それに海の向こうに伊豆半 島が見える。その先に由井PAがある。狭い海岸線に、東海道新幹線、在来線、国道1号線、 それに東名道がひしめいている。単調な直線部と雄大な景色が、しばしば大事故を誘発する、 要注意の場所だ。海岸線にへばりついたPAは、景観的には、富士川SAを凌ぐものがある。 ここからは伊豆半島の稜線上に天城山を望むことが出来る。
由井PAを過ぎると海岸から離れ、一路静岡へ向かう。その静岡ICの手前に、有名な景勝地 の名前を借りた日本平PAがある。小綺麗なPAだ。勿論、後方の富士が圧倒的だ。しかし富士に 見とれていないで、右前方に目をやってほしい。ここに南アルプスの白い峰々が覗いている。 南アルプス最南端の3000m峰の聖岳と自生はい松の世界最南端の山として知られる光岳が 悠然と控えている。
大変奇妙なことに、新幹線では清水から静岡にかけて、遙か右手に、赤石から、塩見、 農鳥、間ノ岳、北岳が順繰りに現れては消えていくのが分かる。とにかく速度が速いからその間1分位の出来事だろうか。 東名道はこの辺は新幹線より山側にあってトンネルが多く展望できないが、南アルプスの殆どの山々は、相模湾からも、 駿河湾からも、また白峰三山や塩見岳は当然、東京湾からも見えてもおかしくない山々だ。だから新幹線から見えること も確かに不思議では無いのだろう。
さて東名道は日本平PAを過ぎるとすぐに静岡IC、ここは日本平への入り口にもあたる。 ここからもまだ聖岳が見えている、がここから先はしばらく山が切れる。 東名道は浜名湖に浜名湖SAがあって、何時も賑わっている。このあたりから南アルプスが展望できるが、 その遠望はめったな事ではお目にかかれない。南アルプスは南部の赤石、聖岳、光岳などだが、光岳に関しては、 高速道路唯一の展望個所になっている。さて浜名湖を過ぎ、名古屋の終着小牧JCTもそろそろ近いという所、岡崎IC 付近からは、 右手奥に御岳の悠然たる姿が現れる。目を凝らせばその右手に御岳とほぼ同じ距離、標高 の山群がある。中央アルプスだ。だがこちらの方は個別の山の識別は絶望的だ。何しろ120Kmほどの距離 がある。しかも中央アルプスを縦に眺めるから恵那山でさえ識別不能だ。いや見えること自体驚異だ。 中央アルプスはほんの一瞬、しかし御岳の方はこの先、名神道岐阜羽島ICにかけて随所で見え隠れする。御岳などは 高速道路から最も見えにくい山と心得ていたのが何と東名道や名神道から見えるとは思いもよらぬ展望だ。 さらに白山までもが遠望できるとは、これまた大変意外なことだ。 ただあまりにも遠く、余程の視界、つまりこのあたりは工業地帯だけに冬晴れの朝の内、遙かに遠く姿を見せるという、 名場面とはほど遠いが、その意外性から記録としての価値は大きいだろう。 東京から小牧JCTまで347Km、この範囲の高速道路から展望でき る百名山は11座に達する。

<戻る>