高速道路からの山岳展望−東名道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る>

(鮎沢PAからの丹沢北部の山々)


(上り鮎沢PA進入路緑地帯 12月下旬10時30分 75mm F11 1/500)

東名道本線に戻ろう。東名道はおおむね広い空間と海が見える道路だが、一部に東海道 の明るいイメージとは異なる深い山あいを走る区間がある。東名道は中井PAから大井松田ICまでと、 山北から都夫良野トンネルまでの区間がそれだ。その最初に当たる中井PAからの塔ケ岳など、丹沢南部の 山々の展望もなかなか素晴らしい。 一方、都夫良野トンネルを抜けた所には鮎沢PAがある。前方には大きな富士が見え始め、 足柄SAが近いことを予感させる、そんな所にあるPAのため殆ど利用されない。 そして丹沢山が後方に高く聳えていることをつい見逃してしまう。 しかも上下線ではだいぶ離れているため、雰囲気は似ていても展望できる山が微妙に異なる。 この写真は上りPAの入り口で捉えたもので、丹沢の最高峰、蛭ケ岳が眼前に立ちはだかる光景には 、ここが東名道かと思わず目を疑うばかりだ。

<見出に戻る> <戻る> <次へ>
 丹沢主稜  <丹沢山〜蛭ヶ岳へ>  <大  山へ>  <塔ヶ岳・鍋割山へ>  <桧 洞 丸へ>

 丹沢前衛  <高取山・仏果山・経ヶ岳へ>  <大 野 山へ>  <権現山・弘法山へ>





























高速道路からの山岳展望−東名道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る>

(大井松田IC付近からのせり上がり富士山)

下り車線を走ると、今まで丹沢の裏に隠れていた富士山が、大井松田IC付近から、忽然と前方に現れ 一瞬、その大きさ、見事さに往きを飲むところである。
走りながらの展望だからこの風景は乗用車よりバスの方が打ってつけである。 この日は朝日旅行主催の車窓展望の山旅当日、異常視程に恵まれた行きがけの富士山、 マイカーでは撮ることの出来ないスナップである。

(下り大井松田IC付近 2006年4月22日09時02分 Canon EOS Kiss D)




























高速道路からの山岳展望−東名道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る>

(都夫良野トンネルからのトンネル富士)

トンネル富士!田代博氏が提唱しているトンネルの中から見える富士山のことである。 この矛盾する”トンネル富士”は、都内では東急目黒線大岡山駅下り出口で見ることが出来る。 トンネルの出口が偶然にも富士山の方向に開けていればこのような風景を見ることが出来る。
このことが都夫良野トンネル下り車線であるのではないかと言う課題を田代博氏が 提起したのは4月15日の「展望の山旅」の時である。
そしてその1週間後、車窓展望の山旅が超視程の中で行われて東名道を下っていった。 絶好のチャンス到来とカメラを構えて、出口前で捉えた1枚の写真に見事にトンネルと富士山が写っていた。
この写真・・・一眼レフにして撮れた画像、コンパクトデジカメではシャッターレスポンスが遅くて多分撮ることは 不可能だと考えられる。またバスの高さがあってこそトンネルの縁を捉えたとも思われる。
この状況を写真を添付して田代博氏に報告したことは当然のことである。

(下り都夫良野トンネル出口 2006年4月22日09時14分 Canon EOS Kiss D)