高速道路からの山岳展望−東名道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る> <富士山へ> <金時山へ>

(足柄SAからの富士と金時山)

(富士)

足柄SAは広大な富士の裾野にあって、すぐ先に富士、箱根の玄関口の御殿場ICがある。さすがに第一級 の景観に恵まれているだけに利用者も大変多く、東名道最大規模のSAとなっている。風呂や宿泊休憩などの 施設を備えているほか、下りSAには常設の展示会場「なるほどロード足柄ホール」があって、毎月展示を変えて何がしかの 催し物が開催されている。
このホームページにある写真のいくつかは、この会場で道路公団・道路施設協会(現道路サービス機構) が主催して「写真展」が開催され、多くの利用者に楽しんでいただいたものである。
開催した写真展は
 o「東名高速道路から山を見る」−「日本道路公団」主催  97年8月1日−8月31日 
 o「高速道路からの山の風景−30選」−「道路施設協会」主催  98年9月2日−9月30日
 o「高速道路からの山の風景−U」−「道路サービス機構」主催  2000年3月1日−3月30日 の3回に及ぶ。

さて大気の透明度のよい冬の富士山はまた格別である。足柄SAから富士山を展望することは、 冬でも意外と難しい。駿河側からは展望できても、こちら側は雲が発生しやすく、やはり午前中に限られることが多い。

(東名道下り足柄SA内 12月下旬08時00分 60mm F11 1/500)



























高速道路からの山岳展望−東名道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る> <富士山へ> <金時山へ>

(足柄SAからの富士と金時山)

(金時山)

足柄SAからは富士山が右前方にあって、左側は箱根山がある。しかしここから見る箱根山は、外輪山の北側を 見ることになり、東京から見る山容とは似ても似つかぬ風貌をしている。その中にあって、これが箱根山かと 思うほど険しい山容を見せているのが金時山だ。金太郎の伝説があるこの山は、足柄SAの名前の由来に もなっているにもかかわらず、利用者の目はみんな富士山の方に向かっている。

(東名道上り足柄SA内 9月中旬14時00分 70mm F11 1/500)


 <金時山へ>