高速道路からの山岳展望−東名道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る>  <高速リストへ戻る>

( 首都高3号線三軒茶屋〜用賀付近からの富士山 )

首都高3号線は谷町JCTにて都心環状線から別れて、東名道東京料金所へ通じる首都高速道路である。 富士山は都心からもよく見えることは勿論であるが、実際には建物に邪魔されて見える場所が限れれる。 この首都高3号線が三軒茶屋を過ぎる頃から右前方に富士山が見え隠れするようになる。
最初にビル影から姿を現すところは三軒茶屋キャロットタワーを過ぎたところ、丁度高層ビル群が途絶えて 一瞬丹沢・富士山が覗くところがある。左写真はその瞬間を捉えたもの、1〜2秒の瞬間の富士山である。
さらに進んで、駒沢から桜新町付近では前方に富士山が見えてくる。首都高が246号線から分かれて走る区間である。 まもなく上り線用賀料金所に近い。
くねくねと曲がりくねった3号線は前方に見える山々が変わり、丹沢山塊南部から大菩薩嶺まで変化する。 そんな変化の最中に富士山が正面に来る瞬間がある。
写真は両方とも後部座席から身を乗り出して撮ったもの、首都高は駐停車するところがないから、 こんなチャンスを生かさないと撮れない。

(右 首都高3号線三軒茶屋付近 2004年01月28日08時10分 Cannon EOS Kiss D Pモード)
(右 首都高3号線用賀付近 2002年10月26日08時45分 Sony DSC P1)

<富士山へ>