高速道路からの山岳展望−磐越道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る>

(新鶴PAから飯豊山と磐梯山)



霊峰飯豊山を追って越後との境が目の前にある、西会津ICまで走ってみた。 新鶴PAは会津若松ICを過ぎて西会津に入ったところ、広々とした田園地帯にある。 上下線とも遮るものはなく、遙か北の方角に飯豊連峰の全容が姿を現しているのが展望できるPAだ。 ただ高速道路にあまり近くない飯豊山だけに、素晴らしい景観を期待していたがやはり遠望だ。 2000m級の山の宿命と言うべきか。
飯豊山は東北屈指の奥深い山、東北のチベットとも言われた隆起山脈だ。 ここからほど近い山都町からでも川入登山口まで1時間を要し、飯豊本山登頂でも山小屋1泊を要し、 最高峰大日岳ともなれば山小屋2泊を強いられる。 その山塊を縦走するには熟達した技量と装備を必要とする。 一方、稜線は素晴らしい高山植物で満たされていて、それが飯豊の最大の魅力となっている。
新鶴PAからの飯豊山の写真は長い間、不鮮明な写真であったがこの度再訪の機会を得て、 許容出来る程度の写真を撮ることが出来た。
大日岳、御西岳、飯豊本山、草履塚、種蒔山、三国岳など昨年辿った稜線がまざまざと思い出させる。
PA後方には会津の名峰磐梯山がまだ名残惜しそうに特徴ある山容を見せている。

knosさんはこのPAから鮮明な飯豊山 を撮ることに成功してHPにアップされている。ぜひこちらの方もご覧頂きたい。

(下り新鶴PA 2003年10月27日08時00分 Cannon EOS kiss D Pモード)
 
 <飯豊山へ>  <磐梯山へ>






































高速道路からの山岳展望−磐越道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る>

(会津坂下ICから飯豊山)



会津坂下(バンゲ)ICは会津盆地の中にある丘陵をトンネルで抜けたところにある。 IC自体は山間にあって飯豊山が見えないが、並行している国道49号線にでるとすぐに見えてくる。
この写真は磐越道坂下ICのすぐ手前の高速道を前景にした飯豊連峰である。
坂下ICからは飯豊の登山口の川入がある山都町が近い。


(坂下IC付近国道49号線 2003年10月27日09時00分 Cannon EOS kiss D Pモード)
 
 <飯豊山へ>


































高速道路からの山岳展望−磐越道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る>

(西会津ICからの飯豊山)

西会津ICまで来ると標高の低い越後山脈が目の前に迫ってくる。そしてその山脈の北に飯豊連峰がある。 ここから見るとむしろ越後山脈の続きのように見える。あまりコンデイションの良くない天候だったが、 とにかく捉えておいた。ここから先は越後山脈を抜けて磐越道は新潟まで直行する。 会津と関西は、東京経由より新潟経由の方が近いのだそうな。磐越道の全通に寄せる地元の期待は大変なものだ。
knosさんはこの西会津ICからもっと鮮明な飯豊山 を撮ることに成功している。是非こちらの方もご覧頂きたい。

(西会津IC出口 08月下旬6時30分 250mm F8 1/350)
 
 <飯豊山へ>