高速道路からの山岳展望−東北道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<高速リストへ戻る>

(矢板北PAからの高原山)

日光連山には東日本最高峰の奥白根山、巨大な男体山、南側には颯爽とした皇海山など 3座の百名山があり、東西に長い連山を形成している。東北道からは西のはずれの奥白根山が展望できない と思っていたが、さすがに2500mを越える日光の盟主だけあって、鹿沼付近から矢板北付近にかけて 随所で覗いている。これは新発見だ。
矢板北PAでは日光の北に位置する、南北に長い高原山が大きく展望される。 この山はあまりポピュラーではないが、古くから塩原温泉と鬼怒川温泉を結ぶ日塩街道があって、別名もみじ街道として 良く知られている。またこの日塩街道には鶏頂山スキー場があって、リフトが高原山の一つである鶏頂山の山頂 近くまで延びている。 さて高原山から北にかけて那須岳までの間に、男鹿山塊がひっそりと2000m弱の高さを揃えて 長々と横たわっている。殆ど知る人のいな山塊だ。登ったという話も聞いたことがない。 登山道でさえ満足に整備されていないと聴く。

(下り矢板PA本線寄り緑地帯 03月下旬07時50分 75mm F11 1/500)

 <高原山へ>