高速道路からの山岳展望−東北道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る>  <両神山へ> <浅間山へ> <八ヶ岳へ>

(佐野藤岡IC付近からの両神山・浅間山八ヶ岳

東北道は時として関東平野の広さを象徴するような遠望が期待できる。 この3枚のスナップは、いずれも佐野藤岡ICの付近から、これから先は東北道がいよいよ大平山の山中に入って、 関東平野とも別れを告げるという場所である。 左手には東京から展望したと同じ光景が展開しながら、しかし富士が秩父に隠される代わりに、浅間山や、八ヶ岳などが秩父の北側に 姿を見せるようになる。
両神山は、そんな秩父の山々の真っ直中にあって、ここからも特異な姿を見せている。

(佐野藤岡IC付近 左 4月上旬7時45分 300mm F11 1/500)


 <両神山へ>

































高速道路からの山岳展望−東北道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る>  <両神山へ> <浅間山へ> <八ヶ岳へ>

(佐野藤岡IC付近からの両神山・浅間山・八ヶ岳

浅間山は関越道では藤岡JCTあたりから、その雄大な姿を見せ始める。秩父の山々から 離れている東北道では浅間山は、東京からほとんどの場所で見えることになる。
この佐野藤岡IC付近からは丁度高崎市の上に位置する事になり、浅間山のしたには高崎観音が見えている。

(佐野藤岡IC付近 左 4月上旬7時45分 300mm F11 1/500)


 <浅間山へ>































高速道路からの山岳展望−東北道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る>  <両神山へ> <浅間山へ> <八ヶ岳へ>

(佐野藤岡IC付近からの両神山浅間山・八ヶ岳)

さて八ヶ岳だが、高崎市の高台からから見えることはよく知られていが、関越道では高崎IC付近からわずかに頂上部を 覗かせるだけである。
東北道から八ヶ岳と聴くと大変奇異な感じを受ける。およそ東北道の展望にふさわしくないから、一瞬どこの八ヶ岳かと 疑ってしまうが、事実は正真正銘の八ヶ岳が関東山地の上に輝いて見える。 その距離はおよそ130km、よほどの視界に恵まれないと見えるものではないが、 本来中央道の山にも関わらず、東北道から展望できる富士山を除く最高峰の山の地位を得たことになる。

(佐野藤岡IC付近 左 4月上旬7時45分 300mm F11 1/500)

 <八ヶ岳へ>