高速道路からの山岳展望−宮崎道からの展望

<見出に戻る> <九州道へ戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る> <霧島山へ> <九州山地へ>

(霧島SAからの霧島山−霧島山)



(上り霧島SA 右 11月下旬14時30分 100mm F11 1/500)  (上り霧島SA 右 11月下旬14時30分 55mm F11 1/750)  

宮崎道は九州道えびのJCTを起点として宮崎ICまで全長約85Kmの道路で、都城ICまでは霧島山の北側を 巻くように走っている。鹿児島と宮崎を結ぶ南九州の重要なルートとして、また宮崎、鹿児島観光の幹線ルートとして、 その役割を果たしている。
さて、えびのJCTからえびの高原への玄関口である小林ICを過ぎてすぐのところにあるのが、ここ霧島SAだ。 その名の通り霧島山が眼前にあって、一方反対側には今走ってきた九州山地の山並みがどこまでも連なって見える 大変開けた展望のよいSAである。下りSAの中には霧島山の山岳案内板もあって、一目で同定できるのも大変助 かるところだ。霧島SAからは霧島山の主役が前山の夷守岳に隠されて見えないため眼前の夷守岳 などは案内板がないとさっぱりわからない。ここから見える霧島山の主稜線上の山々では、左かなたに高千穂峰と 新燃岳が覗いていることを案内板が教えてくれる。このあたりの事情が、この展望のよい霧島SAの今一つ物足りない ところでもある。
 <霧島山へ>
























高速道路からの山岳展望−宮崎道からの展望

<見出に戻る> <九州道へ戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る> <霧島山へ> <九州山地へ>

(霧島SAからの霧島山−九州山地)

さて下りSAのほうは左側が大きく開け、九州山地が延々と北へ連なっている様子がよくわかる。 標高1500m前後のこの山地は、北は阿蘇からこの霧島まで時として1700mを超える高峰を包み込みながら 九州の脊梁山脈を形成している。

(下り霧島SA 11月下旬12時00分 100mm F11 1/750)