高速道路からの山岳展望−東九州道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る>

(鹿屋串良IC(未開通)付近からの開聞岳)

東九州道は大分宮川内ICから宮崎を経て、鹿屋串良から鹿児島まで建設が予定されているが 現在そのルートは定かではない。
開聞岳(924m)は九州道からは、薩摩半島や桜島が遮ってどうしても見ることが出来ない。 県の運営している一般有料道路の指宿スカイラインの南端まで進まないと展望できないのが現状だ。
しかし東九州自動車道が大隅半島の中程まで入り込み、鹿屋串良付近を通ることが計画されていて、 このあたりなら見えることが計算結果から明らかである。 しかしまだ着工さえ始まっていないから開通はかなり先のこととなろう。
この鹿屋串良付近は錦江湾まで開けているが、国道269号線からは樹木や建物に遮られて、見ることができない。
一方高速道路開通の時には地形的に高架となる可能性が高いので、十分展望可能と思われる。 この写真は国道269号線を開聞岳が見えるところまで鹿屋に向かって走り、自衛隊基地を過ぎてからようやく姿を現したところを撮った ものである。海岸線以外の大隅半島から見た、開聞岳の貴重な写真である。

(鹿屋IC(未開通)先 3月中旬17時00分 300mm F5.6 1/350)

 <開聞岳へ>























高速道路からの山岳展望−東九州道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <大分道へ>

<高速リストへ戻る>

(鹿屋串良IC(未開通)付近からの大箟柄山)

鹿屋串良IC付近は高隅山地の東側で、鹿児島からは桜島の裏側にあたる。 見慣れない山だが、格調ある風格の山地が間近に迫ってくる。高隅山地の最高峰、大箟柄山(1237m)は桜島よりも高く、 山容も秀でた山だが、桜島の陰に隠れて大変地味な存在になっている。

(鹿屋IC(未開通)付近 3月中旬17時30分 65mm F5.6 1/250)