高速道路からの山岳展望−大分道・東九州道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る>

(大分道大分宮河内IC付近からの祖母山)     (東九州道(未開通)臼杵IC付近からの祖母山)



(大分宮川内IC手前大野川橋 3月中旬8時15分 300mm F8 1/350) (臼杵IC(未開通)付近臼杵川上 3月中旬10時00分 300mm F8 1/350)  

大分道は大分宮河内ICまで1999年12月に開通、その先は東九州自動車道として工事が進んでいる。 この高速道路は宮崎を経て鹿児島まで東海岸を結ぶ事となるが、その全通は明らかでない。
祖母山展望区間は、大分宮河内ICの手前で大野川を渡る橋の上から、また今は未開通だが臼杵IC付近の臼杵川から から展望できる。大分宮河内IC自身は見通しが無く、また臼杵ICは、その建設地点が定かでない。 この写真は臼杵ICが建設されると思われる地点より2kmほど下流の国道217号線から撮ったものだが、 臼杵IC付近では、ICの地上高如何では前山に隠されるかもしれない。
臼杵市は国宝の石仏があるところで知られており、また荒城の月で歌われた岡城址のある竹田市に通じ、九重高原へと通じている。

 <祖母山へ>