関越・上信越道からの山岳展望

<戻る>


(解説)関越・上信越道からの山岳展望案内

関越自動車道は、上越国境を貫いて北陸自動車道に接続して日本海に達する、 東京と新潟を結ぶ大動脈だ。上州の名山を駆け抜け、上越国境の谷川岳の真下 をトンネルで抜け、越後平野に至る間は実に多彩な山々が展望される。中央道 に次ぐ我が国第二の山岳展望高速道路だ。
中央道が、ほぼ全線に亘って山岳地帯を走るのと異なり、関越道は、 渋川伊香保ICに至る100Kmを遥かに越える関東平野の最も深い部分 まで殆ど平坦な道を走る。渋川伊香保ICを過ぎるとにわかに赤城山の裾野に 向けて山岳地帯に突入、一気に谷川岳の下をトンネルで駆け抜けて、越後平野に 抜ける。この山岳地帯といえる区間は100Kmを遥かに下回る。この 短い区間に多くの山々が凝縮していること、そしてほとんどの山が東京から 見える山だということがが関越道の特徴だろう。ただ東京から見える山と言っても その難易度は第一級だが。
藤岡JCTからは軽井沢を通り、更埴JCTでは、中央道岡谷JCTか ら分かれた松本経由の長野道を合流し、長野の先まで開業している上信越自動 車道がある。いずれ上越JCTにて北陸道に接続されるときがくるだろう。
関越道は、東京から始まる高速道路の中で唯一、首都高速道路に直結していない。 その起点は練馬になるが、今は外環自動車道によって結ばれており、笹目橋が実 質的な起点といっても良い。このあたりは、都内側から荒川土手の向こうに、 浅間山、四阿山、谷川岳などが望める場所でもある。 また富士が一段と大きく見える。都内からより遠いはずだが、丹沢の土台から外 れるため、麓から見えるせいだろう。さらにこのあたりは、雲取山を頂点とする 奥多摩の山々が都内よりも近くに望める。この山々は高速道路からは近くに見え ない山々なので、ここでの展望が見納めとなる。
美女木で”外環”を左に曲がると関越道まで10分だ。荒川を渡る橋の上からも 上越国境の山々が望める。勿論”望める”と”見えている”との間には大変な落差がある。 関越道にはいると、富士から奥多摩の山々、右には赤城、日光の山々が見えているはずだが、 この道路は、やたらに遮音壁が多い。遮音壁の中を高坂SAまで30分、ようやく 少し展望が開ける。あまり遠望の利くSAではないが、それでもまだ丹沢、富士が望める。
さらに遮音壁の中を走り続ける間に嵐山PAに着く。左側が開け双子山の優しい姿が見える。 この山は標高が無いが、秩父の前衛の山なので東京からもよく見える。甲武信岳もよく展望 できる。中央道と異なり甲武信岳は都内から赤城PAまでほとんど見えている。さすがに 3県にまたがる山だけある。
寄居PAという全く見通しの利かないPAを過ぎて、一走りで上里SAに着く。ようやく 遮音壁も無くなり、左の秩父の前衛の山は後方に去り、御荷舗山系が近い。左奥から妙義、 浅間、榛名、谷川、赤城、武尊、日光などがにぎやかに大きく登場してくる。ただこのSAは 混雑が激しく、撮影スポットとなるとなかなか見あたらない。 すぐ先の藤岡JCTは、絶好の展望場所だが車を止められない。
高崎IC、前橋ICの2カ所の都市部のICを過ぎると、前橋市のはずれに当たる 駒寄PAがある。関越道で初めての落ち着いたたたずまいのPAだ。赤城山、榛名山、 子持山、小野子山などが良く展望できるPAだ。
渋川伊香保ICを過ぎると関東平野も終わりになる。赤城の山麓へ向けて、道路は ぐんぐん高度を上げていく。上がり切ったところに赤城ICがある。PA併設のICだ。 赤城高原SAがすぐ先にあるため、このPAの存在は殆ど知られていない。なんと 遙か左奥に、草津白根が見える。
赤城高原SAは、全国のSAの中でも屈指の景観を誇っている。上下線とも良く整 備され、展望庭園が出来ている。上越国境を中心とした抜群の展望で、ここ自体が 観光スポットになる。苗場山が展望できるのもここだけだ。
道路はここから赤城の山麓を下って沼田の町へ向かう。沼田の山の武尊岳が、右手 に立ちはだかっている。ここまでくるともう関越トンネルが近い。上牧PAは、チ ェーン脱着場として広い駐車スペースを持っている。ここから水上ICにかけての 谷川岳の見上げるような景観は圧巻だ。チェーン脱着場の谷川岳PAがトンネルの すぐ手前にある。名前に反して山が深く何も展望が利かない。
長いトンネルは、アクセルに感じる重みの変化で、越後側に入ったことを知る。 抜けたところに土樽PAがある。ここもチェーン脱着場だ。今通り過ぎてきた方角に 見上げるような谷川岳がある。関東側と違って優しい表情だ。右前方には、見事な山 容の巻機山が悠然と構えている。この山からが東京から見えない山となる。
道路は、いくつかのスキー場を見ながら越後平野に向けて下っていく。そして次第に 開けていく。魚沼三山が美しい。進むにつれて、八海山、中ノ岳、魚沼駒ヶ岳の相対 位置が変わっていく。東京より200Kmとある標識の近くに大和PAがある。ここ からの魚沼三山がとてもバランスがよい。すぐ先が小出ICだ。

上信越自動車道は、藤岡JCTから分岐している。ここからもよく見える浅間山 の方角へ向けて走っている。甘楽PAは、なかなかしゃれたPAだ。最近のPAはず いぶんとこぎれいになった。妙義山、浅間山が良く展望できる。驚くべきことに、ここから燧ケ岳が遠望できる。
その先の富岡ICに かけて右奥遙か彼方に岩菅山が覗いている。こんなに高速道路から離れている山な のに良く見えるものだ。横川SAは、釜飯が売り物、信越本線が新幹線の開業に伴い、 横川、軽井沢間の峠越え区間が廃止されたことを考えるとこちらの方が良く売れるのでは。 ここからの妙義山が異様だ。奥秩父の最西端瑞牆山をコンパクトにしたイメージで日本離 れしている。道路はここから一気に信州へ駆け上がっていく。その登り切ったところに、 佐久平ハイウェイオアシスという名のPAがある。人工スキー場をPA内に持つ最新の PAだ。南に向けて大きく開け、八ヶ岳がすばらしい。ただし北側は人工スキー場の小山 のため視界がふさがれたままだ。 視界が良ければ、ここからの北アルプス大展望が素晴らしい。
ここからすぐの所に佐久ICがある。北の小山もPAをでるとすぐに切れ、雄大な浅間 山がようやく現れる。見慣れた軽井沢の浅間山と違って、佐久からは山容の違 う浅間山になって見える。このICの目の前にも大きな店構えの釜飯屋がある。
上信越道のPA、SAは、新しい道路だけあって設備も良く、展望も良い。また随所に展望台を設けて山岳展望案内板 などを設けており、ただひたすらトイレと買い物のみのPA、SAから憩いの場所として大きく脱皮している。 こういうPA、SAこそ待ち望んでいたものだ。
この佐久ICから小諸ICまで1996年に、小諸ICから更埴 JCTまで1997年に開通、長野オリンピックに向けて1997年10月に中郷ICまで開通した。 日帰り圏というには少し無理がある距離で、関越道経由でも信州中野まで約240Km、中郷ICまで280 Kmはあろうか。そして最後の中郷ICと上越JCTの28kmが間だが開通したのが1999年11月、 妙高山と火打山が入れ替わっていく様がよく分かる。そして上越JCTからもまだこの2座が展望できる。
いずれにせよ、これらの開通により小布施PAでの四阿山、妙高山、火打山、高妻山、 それに頸城山塊の活火山焼山が展望できるようになった。 また佐久平PAから小諸にかけては八ヶ岳や蓼科山、霧ケ峰、美ヶ原が、さらには穂高、槍の北アルプス南部の峰 までもが遠望され、更埴ICを過ぎたあたりから長野に入るまで北アルプス北部の山々が予想以上に近く に展望される。須坂から先は、妙高、黒姫、飯綱、戸隠、斑尾の北信五岳が、鹿島槍や高妻山、火打山を遮りながら 見えている。また信州中野を過ぎれば、黒姫山を従えた妙高山の天下だ。さらに中郷ICまで行けば妙高山の裏側の 火打山が覗くようになる。 佐久平PAから信州中野、そして上越JCTに至るまでの長い区間で、山岳展望を存分に楽しむことができる。

関越道、上信越道で展望できる百名山は、全線で36座、 周辺の手軽なビュ−ポイントからは50座以上と全国の5割に達する山々に巡り会える。 このルートは上信越道の全通によってによって中央道、長野道と並ぶ大山岳展望道路となった。

<戻る>