高速道路からの山岳展望−上信越道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る>

<北信五岳へ> <妙高山拡大へ> <高妻山拡大へ> <黒姫山拡大へ> <飯綱山拡大へ>

<焼山拡大へ> <四阿山へ> <高社山へ> <槍ヶ岳へ>

<小布施PAからの北信五岳と焼山・四阿山・高社山・槍ヶ岳−飯綱・高妻・黒姫・妙高山>




(上り小布施PA内より 6月下旬13時30分  38mm F11 1/750)

上信越道は1999年10月に北陸道上越JCTと直結した。 だが日帰り圏としてはこのあたりで目一杯だ。この先上越JCTまでは妙高山と火打山の世界になる。
この先の紹介は次のページに譲るとして小布施PAだが、 松代PAから信州中野ICに近い小布施PAまでSA、PAはない。距離的にもそれほど遠いわけではないので 致し方のない。しかしそれにしてもこのPAは大きなPAだ。2層構造になっており、大きなレストランが外にあって、 自由に行き来できるようになっている。小布施の町が目の前に広がっている。 と言うのも、このPAもハイウェイオアシスとなっており、地域との行き来ができるようになっているからだ。
北信五岳の役者達が全部出そろうのも須坂を通過するあたりからだ。最北の妙高山が、優美な姿を現すとともに ひときわ”低い”斑尾山もようやく見えてくるからだ。 南から飯綱山、奥に高妻山そして黒姫山、妙高山、少し離れて斑尾山が見えてくる。言うまでもなく 北信五岳とは、飯綱、戸隠、黒姫、妙高、斑尾の5座だ。だが松代PAで展望された戸隠山本体はここからは見えない代わりに 戸隠連山の最高峰高妻山がよく見えている。 さらに妙高山の左裾には、頸城三山を形成する焼山と火打山もその山頂部を覗かせていることは驚きだ。
長野市にお住まいの伊久間氏によれば、ここから槍ヶ岳が見えるという。 早速カシミールで確かめたが、確かに見えるという結果が得られた。しかし数回に及ぶ、 当地への訪問でも槍ヶ岳を望むことは出来なかった。確かに鹿島槍ヶ岳などの後立山などは見えているのだが。

 <飯綱山へ>  <高妻山へ>  <妙高山 へ>  <火打山 へ>




















高速道路からの山岳展望−上信越道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<高速リストへ戻る>

<北信五岳へ> <妙高山拡大へ> <高妻山拡大へ> <黒姫山拡大へ> <飯綱山拡大へ>

<焼山拡大へ> <四阿山へ> <高社山へ> <槍ヶ岳へ>

<小布施PAからの北信五岳と焼山・四阿山・高社山・槍ヶ岳−斑尾山>

妙高山とは野尻湖を挟んで相対峙している斑尾山は、北信五岳の中でもずば抜けて低い。 しかし信濃平からは大変良く展望できることから、妙高山と肩を並べて仲間に入れて貰っているのだろう。 位置的には妙高山の北に見えるが、実際には近い山で、妙高よりはるかに南に位置している。

(下り小布施PA内より 11月下旬10時30分  55mm F11 1/750)


























高速道路からの山岳展望−上信越道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る>

<北信五岳へ> <妙高山拡大へ> <高妻山拡大へ> <黒姫山拡大へ> <飯綱山拡大へ>

<焼山拡大へ> <四阿山へ> <高社山へ> <槍ヶ岳へ>

<小布施PAからの北信五岳と焼山・四阿山・高社山・槍ヶ岳−高妻山>

戸隠連山の北の端にひときわ高くそびえているのが高妻山だ。戸隠連山自体は ここからではすでに飯綱山に隠されてしまっているが、高妻山だけは飯綱山と黒姫山の間から 姿を見せている。この山も見る方角によってピラミダルになったり、台形になったりの変化が激しい山だ。

(下り小布施PA内より 11月下旬10時30分  200mm F11 1/500)



























高速道路からの山岳展望−上信越道からの展望

<見出に戻る><戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る>

<北信五岳へ> <妙高山拡大へ> <高妻山拡大へ> <黒姫山拡大へ> <飯綱山拡大へ>

<焼山拡大へ> <四阿山へ> <高社山へ> <槍ヶ岳へ>

<小布施PAからの北信五岳と焼山・四阿山・高社山・槍ヶ岳−妙高山>

妙高山は北信五岳の盟主だ。その高さといい、風格といい、数多くの古くからのスキー場 と、麓の野尻湖まで備えて、まさに第一級の日本の山だ。この妙高山の背後にある火打山と焼岳の 3座をもって頸城三山と言う言い方もする。ひとつの山が全く異なる山群に 数えられる数少ない例だ。それ程までに長野、新潟に広く親しまれている山なのだろう。

(下り小布施PA内より 11月下旬10時30分  55mm F11 1/750)


























高速道路からの山岳展望−上信越道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る>

<北信五岳へ> <妙高山拡大へ> <高妻山拡大へ> <黒姫山拡大へ> <飯綱山拡大へ>

<焼山拡大へ> <四阿山へ> <高社山へ> <槍ヶ岳へ>

<小布施PAからの北信五岳と焼山・四阿山・高社山・槍ヶ岳−黒姫山>

黒姫山は小布施PAからもっとも近い山だ。従って富士山型の山容がまことに優雅にそびえて、このPAの風景を 引き立たせてくれている。この先の信濃町ICではその巨体が覆い被されように近くなる。

(下り小布施PA内より 11月下旬10時30分  55mm F11 1/750)
 
































高速道路からの山岳展望−上信越道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る>

<北信五岳へ> <妙高山拡大へ> <高妻山拡大へ> <黒姫山拡大へ> <飯綱山拡大へ>

<焼山拡大へ> <四阿山へ> <高社山へ> <槍ヶ岳へ>

<小布施PAからの北信五岳と焼山・四阿山・高社山・槍ヶ岳−焼山・火打山>

さて小布施PAから焼山が展望出来るとは予想外だった。 妙高山から火打山、焼山に連なり雨飾山に終わる頸城アルプスの中で異色の活火山とはいうものの、 妙高山の向こう側に位置し、標高も少し低い。 にもかかわらず積雪の量は全く異なり、この季節だというのに全山が 親切に覆われている様子がよく分かる。
加えて小布施PAからは見えないと思われていた火打山が、その山稜を妙高山の左裾から覗かせている。 これほどまでに晴れ渡ることも少ないが、とにかく頚城三山が全部展望できる貴重なPAである。

(下り小布施PA内より 11月下旬10時30分  300mm F11 1/500)

この焼山は、写真に捉えて以来、数回にわたって再検証を試みて小布施PAまで出向いた。 だが最初に捉えた以外は全て雲に覆われ再び見ることはなかった。この間火打山と誤認したまま、 いつか再検証を試みなければならない展望として心に残っていた。この度、長野市にお住まいの伊久間幸広氏 の小布施PAにおける貴重な展望情報により、この山が焼山であることが断定された。また好天下の検証もようやく できて、明らかに焼山であることと、火打山も見えることも確認された。
ここに伊久間氏のご尽力とご協力に深く感謝いたします。

























高速道路からの山岳展望−上信越道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<高速リストへ戻る>

<北信五岳へ> <妙高山拡大へ> <高妻山拡大へ> <黒姫山拡大へ> <飯綱山拡大へ>

<焼山拡大へ> <四阿山へ> <高社山へ> <槍ヶ岳へ>

<小布施PAからの北信五岳と焼山・四阿山・高社山・槍ヶ岳−飯綱山>

飯綱山は長野市内からもっとも近い。飯綱山は飯縄山ともよばれており、飯綱高原は戸隠への入り口にあって、 開発が進み、市民の憩いの場ともなっている。高妻山はこの右裾に山頂部を出しており、戸隠連山の本体は飯綱山が遮っている。

(下り小布施PA内より 11月下旬10時30分  300mm F11 1/500)