高速道路からの山岳展望−上信越道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る>

<北信五岳へ> <妙高山拡大へ> <高妻山拡大へ> <黒姫山拡大へ> <飯綱山拡大へ>

<焼山拡大へ> <四阿山へ> <高社山へ> <槍ヶ岳へ>

<小布施PAからの北信五岳と焼山・四阿山・高社山・槍ヶ岳−四阿山>

松代PAを過ぎると、長野IC、須坂長野IC、信州中野ICと一気に信州北部を駆けめぐる。 この間道路は平坦で広々として快適なドライブが楽しめる。 小布施PAはそんな善光寺平の北にあって、まもなく信州中野ICに近いところにある。小布施には昔から 栗羊羹のうまいのがあって、志賀高原からの帰りによく店によったものだ。今はすっかり開けて、葛飾北斎 ゆかりの地として、文化を売り物にした町に変身している。
そんな小布施の町の西側に、小布施PAがあって一見して静かな心休まるPAと思いきや、 その奥に大変広いスペースを持ち、大きなレストランまでPA内から行けるようになっている。 ここも佐久平PAと同様ハイウェイオアシスとなっている。
この信州も終わろうとしているこの地でようやく四阿山に巡り会えた。東京から見えていながら、上信越道では、 ここまでこないと見えないのも不思議な気がする。それほど奥の山なのだろうか。 ここから見る四阿山は東京から見る方角と丁度反対側、四阿山の向こう側にあった根子岳が 前面右に、四阿山は左奥に位置する。根子岳の山麓、菅平が最も近い場所だ。

(上り小布施PA内  06月中旬13時15分  60mm F11 1/750)

<ハイウェイオアシスのこと>

道路公団は新しいコンセプトとして「ハイウェイオアシス」の設置に乗り出した。 その目的や定義はなにやらお役所言葉で難しく書いてあるが、要するに言葉を換えて言うならば従来の SA、PAの考え方を越えて、近傍の地域の公園などの施設へ直接行けるよう、 つまりそのまま観光スポットになり得るよう考え出されたものだ。 言い換えれば従来のSA、PAは高速道路の利用者だけのクローズされた施設だ。ハイウェイオアシスは 高速道路利用者は外に行けるのはもちろん、外からもこの施設に入れるオープンな施設だ。 ただし人間だけだが。これがその地域の活性化にも繋がるとしている。 今全国5900Kmの高速道路で、砂川(北海道)、徳光(金沢)金立(佐賀)、 それに我が上信越道の佐久平、小布施の5カ所が、近年続々とハイウェイオアシスに作り替えている。 最近では松山道石槌山SAがハイウェイオアシスとして生まれ変わった。 (1999年現在)
そしてハイウェイオアシスには何か施設がある。佐久平の場合はPA内から人工スキー場に行ける。 小布施の場合はレストラン施設のみならず、北斎ゆかりの小布施の町までそのまま足を伸ばせる。
小規模ながら中央道釈迦堂PAには遺跡博物館があって、ハイウェイオアシスの原型を見る思いがする。























高速道路からの山岳展望−上信越道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<高速リストへ戻る>

<北信五岳へ> <妙高山拡大へ> <高妻山拡大へ> <黒姫山拡大へ> <飯綱山拡大へ>

<焼山拡大へ> <四阿山へ> <高社山へ> <槍ヶ岳へ>

<小布施PAからの北信五岳と焼山・四阿山・高社山・槍ヶ岳−高社山>

高社山は、ここ小布施PAから見ると、上信越道を挟んで左に斑尾山、右に高社山と並んでいる。 高さも斑尾山の1382mに対し高社山は1351mとほとんど変わらない。おまけに山容も似ている。
この山は、またの名を高井富士と言い、中野市商工観光課の解説によれば、「長野県中野市と長野県下高井郡山ノ内町・木島平村 にまたがり、高社山の山容はコニーデ式火山独特の優雅な山形を示し、高井富士の名で知られている。 古くから信仰の対象とされ、 修験道場の跡があるなど山にまつわる伝説も多く、住民生活に深く密着した「ふるさとの山」となっている。」とのことである。 ただここからではその山容はコニーデ型とはほど遠い。

(下り小布施PA内  11月下旬10時30分  60mm F11 1/750)





















高速道路からの山岳展望−上信越道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る>

<北信五岳へ> <妙高山拡大へ> <高妻山拡大へ> <黒姫山拡大へ> <飯綱山拡大へ>

<焼山拡大へ> <四阿山へ> <高社山へ> <槍ヶ岳へ>

<小布施PAからの北信五岳と焼山・四阿山・高社山・槍ヶ岳−槍ヶ岳>

小布施PAからも槍ヶ岳が見えると伊久間氏は言う。 そんなある日、その伊久間氏より小布施PAからの夕焼けに浮かぶ美しい北アルプス南部の写真を頂戴した。 余りもの美しさに惚れて、ここにその場面を紹介する。
そして東京からの訪問者では到底撮影不可能な場面をわざわざ撮って下さった伊久間氏のご好意に 頭が下がる思いである。ここに伊久間氏に深くお礼を申し上げます。

(小布施PA内  12月上旬)

小布施PAからの槍・穂高



30年ぶりのスキーを志賀高原でやろうと、行きがけに通りかかった小布施PAで 見た北アである。 この日は佐久平PAから大展望が続き、小布施からも可能であるとわざわざ立ち寄って 撮ったものである。

(下り小布施PA 2006年02月13日10時36分 CanonIXY 500D)