高速道路からの山岳展望−上信越道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る> <中郷ICからの火打山へ>

(妙高高原ICから中郷ICにかけての妙高・火打山−妙高山)

妙高高原ICと中郷ICの間に妙高SAがある。妙高山をほぼ正面から見る場所にあたる。SA自身は少し見通し見通しが悪いが、その前後は 否応なしに巨大な、優美な山容が目に入る。子供の頃から随分と林間学校で、スキーで、 「田口」や「関山」に来ているが、妙高山を正面から見る田口、つまり今で言う妙高高原ICよりも少し下った 関山あたりの眺めの方が雄大に見える。地形的にもなだらかな広い緩斜面があって、山頂まで遮るものが無いからだろう。
このなだらかな広い斜面には燕、関温泉から流れ出る大田切川がある。大平原を川が深くえぐってその規模は日本一と言われている。 上信越道もこの大田切川を越えて下っていく。この橋が目印になって渡りきったところで助手席からシャッターを押した写真がこの姿だ。 駐車するところがないだけに停めてみるわけには行かないのが難点。ともかく黒姫・野尻湖PAから中郷ICに至る全区間が妙高山一色で その中でも最高の眺めがこのあたり、若いときの記憶がたまたま深田久弥の残した言葉と一致していたことを最近知った。
有名な赤倉観光ホテルのリフト際を登って山頂に至り、燕温泉に下山した子供の頃の感激を今でも思い出す。ともかく このあたりの妙高山が、私には最も好きな、懐かしい風景だ。
上空の飛行機雲が一段と美しく風景を引き立たせている。

(妙高高原IC先大田切川橋先より 11月下旬11時20分 50mm F11 1/750)

 <妙高山 へ>

















高速道路からの山岳展望−上信越道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る> <妙高高原SA先からの妙高山へ>

(妙高高原ICから中郷ICにかけての妙高・火打山−火打山)

頸城アルプスは妙高を東端に、西へ向けて火打山、焼山と続き、姫川に近い雨飾山で終る。 頸城三山はその中で妙高、火打、焼山の3座を言う。最高峰は妙高山のすぐ北西の火打山、 その堂々たる山容は目を見張るものがある。焼山は火打山のさらにお西隣、噴煙が目印の活火山だ。 奥山だし、冬の季節風をまともに受けるため、妙高山に較べ、はるかに積雪の量も多い。 下界からなかなか見ることが出来ない山だが、小布施PAで焼山の山頂部と火打山の左稜線が見 えることは紹介したとおりだ。
上信越道が上越JCTまで開通した楽しみは、巨大な妙高山とともに、火打山がもっと近くに見える言うことだった。 予想とおり妙高の右肩に、高速道路を下るごとに位置を変え、姿を変えて見えたときには、はるばる訪ねてみてその甲斐があったと言うところ。 この写真は中郷ICを降りて平行する国道に入って、開通直後の上信越道を前景捉えたものだ。

(中郷IC付近 11月下旬11時10分 100mm F11 1/750)


 <火打山 へ>