高速道路からの山岳展望−上信越道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る> <黒姫山へ> <斑尾山へ>

(黒姫野尻湖PAからの妙高・黒姫山−妙高山)

上信越道が1999年10月に北陸道の上越JCTまで全通した。この開通と新幹線の開業によって野尻湖、赤倉、関・燕などが大変便利になった。 オリンピックの関連公共投資のもの凄さを実感する。
さて、信州中野ICからは豊田飯山IC、黒姫野尻湖PA、信濃町IC、妙高高原IC、中郷ICと続く。 この間の山の主役は妙高山につきる。この2454mの信越国境の盟主は、巨大な姿でこの区間を覆い尽くす。 PAが少ないのが惜しいくらいだが、野尻湖への入口の信濃町IC、妙高高原への入口の妙高高原ICはいずれも 高速道路をおりて展望したいものだ。野尻湖まで10分、赤倉まで10分の至近距離にビュースポットがあるからだ。
ところで、上信越道は長野からいったん信州中野へ大きく曲がったあと、再び左へ曲がり俄に妙高山に近づく。 その出会い頭が黒姫野尻湖PAだ。小林一茶の里でもあり、一茶の句があるこの石碑は上りPAのもの、 ここから妙高山の勇姿がよく展望できる。
その妙高山を背景に滅多に撮らない取材姿を愛車とともに1枚パッチリ 、しかし取材はこんなに恵まれた日ばかりでは ない。

(上り黒姫野尻湖PAより 11月下旬11時45分 50mm F11 1/750)

 <妙高山 へ>
















高速道路からの山岳展望−上信越道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<高速リストへ戻る> <妙高山へ> <斑尾山へ>

(黒姫野尻湖PAからの妙高・黒姫山−黒姫山)

黒姫山はこのPAから、信濃町ICにかけてで最も近づく。丸い巨大な山塊は、 信州の平野部からよく見えて、そのため北信五岳の一員に数えられている。 信濃町ICから、小林一茶の里である柏原を経て、黒姫山の山麓を走り、戸隠高原へ通ずる 道もあって、北信の最も素晴らしい山岳展望道路のひとつでもある。
ここ黒姫野尻湖PAからはちょうど前方に巨大な姿を見ることができる。


(下り黒姫・野尻湖PA内より 11月下旬10時50分 50mm F11 1/750)



















高速道路からの山岳展望−上信越道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<高速リストへ戻る> <妙高山へ> <黒姫山へ>

(黒姫野尻湖PAからの妙高・黒姫山−斑尾山)

斑尾山が噴火してできたのが野尻湖である。その野尻湖は、すぐ先の信濃町ICから15分ほどの距離にある。 このPAからは後方に位置し、秋色濃いこの季節はすでに山は新雪がつもり、盛りを過ぎた紅葉が最後の華やかさを競っていて、 思わずシャッターを押したのがこの写真だ。

(上り黒姫・野尻湖PA内より 11月下旬10時45分 45mm F11 1/750)



































<妙高山へ戻る>