高速道路からの山岳展望−上信越道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る> <八ヶ岳へ> <霧ヶ峰へ> <富士嶽山へ>

(東部湯ノ丸SAからの八ヶ岳・富士山・富士嶽山−富士山)

上り東部湯ノ丸SAの展望台から富士山が見えると展望表示板にある。 何度かトライしたが雲があって撮影できないままになっていた。 もし事実だとすれば高速道路No2の最遠の富士山展望と言うことになるのだが、
2005年11月に当地にお住まいのFyamapperの一人である柳沢氏からメールを頂いた。
曰く「撮影した場所は、東部湯の丸SA上り線の県道との境界上、SA内の展望台から20mぐらい東側(カメラは敷地内)。 高さは展望台より低い位置より。現地では富士山かどうかわからなかったので、富士山と思われる附近の写真を何枚も撮って 自宅に帰りカシミールで確認しました。この見え方からいくと東部湯の丸SAの富士山方面が開けている場所からは全て 富士山が見えそうです。ただし展望台にある富士山の絵は誤解を招きそうですね。これからの季節、 早朝であれば結構富士山も見えるのではないでしょうか。写真は光学12倍とデジタル36倍です。」
ようやくにして証拠が得られた写真である。SAの高さから見えるかどうか大変微妙な所だったが、 写真を見ればやはり微妙な見え方である。
柳沢氏にお願いしてご承諾を頂いたので、ここに掲載し、紹介させて頂くことにした。
柳沢氏のご厚意に厚く感謝致します。

(上り東部湯ノ丸SA展望台付近 2005年11月 柳沢秀夫氏撮影提供)


(小諸ICとの富士山比較)

小諸ICと東部湯の丸SAの富士山比較 2010/11/03 伊久間氏提供 伊久間氏から2010年11月3日に撮影した小諸ICと東部湯ノ丸上りSAからの富士山を比較した写真を頂いた。 快晴のこの日、富士山が幾分せり上がって見えるが気のせいか。 この2ヶ所からの富士山を並べて見ると、東部湯ノ丸SAからの富士山が確かに富士山の山頂部だけが見えていることがよく分かる。





























高速道路からの山岳展望−上信越道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<高速リストへ戻る> <八ヶ岳へ> <霧ヶ峰へ> <富士山へ>

(東部湯ノ丸SAからの八ヶ岳・富士山・富士嶽山−富士嶽山)

このSAから富士山を見つけた。姿形はおよそ富士山とはほど遠いが、方角を選ぶと富士山のように見えるという。 標高1035mは、この辺の平地の標高を考えれば、大変低い山といえる。
故郷の富士山を訪ねている、富士市の黒川氏の文献によれば、「信州の鎌倉と言われている上田の塩田平にあるのが富士嶽山で、 奈良尾から見ると富士山形に見えるため、奈良尾富士と呼ばれている。また大富士(おおふじ)とも言う。」と記されている。

(上り東部湯ノ丸SA展望台 9月下旬13時30分 250mm F11 1/500)