高速道路からの山岳展望−上信越道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る> <武尊山へ>

(甘楽PAからの燧ケ岳)

燧ケ岳は下界からはまことに見えにくい山として知られる。 しかしTYFさんが高崎市内からも見えることを示唆してくれた。また同時に吉井ICから富岡ICにかけて見えるかもしれない とも予測された。もしこれが事実だとすれば大変な記録となる。なにしろこの見えにくい山が、 高速道路から見える百名山に名を連ねるからだ。
そしてカシミールの示すところもTYFさんの予測をうらずけていた。 早速、視界の良い秋口に捜索開始、その結果は見事にTYFさんの予言と一致し、吉井ICから2km先あたりで 赤城山のすそ野から姿を現し、富岡ICの先で前山に遮られるまで展望することができた。
この写真は2回目の取材のもので、11月下旬の移動性高気圧に覆われた朝、 下り甘楽PAへの導入路で捉えたもの、燧ケ岳の特徴ある双耳峰がよく識別できる。 その燧ケ岳の方角は高崎市の白衣観音が示している。TYFさんに謝謝!、謝謝!の写真である。
なお、このPAからは前方に妙義山やその上に浅間山が、そして鼻曲山、右には榛名山、後方には赤城山、左には御荷鉾山系と なかなかの山岳景観を見せてくれる。

(上信越道下り甘楽PA内 11月下旬 7時30分 300mm F8 1/350)

 <燧ヶ岳へ>


















高速道路からの山岳展望−上信越道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る> <燧ヶ岳へ>

(甘楽PAからの武尊山・燧ケ岳)

燧ケ岳の左隣に見えるのが武尊山。この姿もTYFさんが高崎市内からの写真を見せていただいた結果である。 燧ヶ岳と同様、武尊山も上信越道では見える区間が限られていて、藤岡JCTからこの先の下仁田ICにかけての区間で 展望することが出来る。しかし武尊山自体は関越道で大きく展望すす事が出来るので、ここでは燧ヶ岳と並んだ武尊山を 紹介しておきたい。

(上信越道下り甘楽PA内 11月下旬 7時30分 150mm F11 1/350)

 <武尊山へ>