高速道路からの山岳展望−関越道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る>

(越後川口SA手前からの会津駒ヶ岳)

上越国境や越後の山々に囲まれた会津駒ヶ岳は、高速道路からは展望不可能と考えられていた。 それが国土地理院の50mメッシュ地図とカシミールの出現によって、まず見えるポイントが予言されるに至った。 そのポイントは、ほんの限られた場所であり、現時点での展望が可能かどうかが疑問であった。
その場所とは、堀之内ICと越後川口ICの中間、北西に走る関越道が左急カーブで西南西に向きを変える地点だ。 視線上で言うなら、堀之内IC(PA)も同一視線上だが、前山に隠されてダメ、左カーブした後では、前山の 低いところから外れて隠される。その見え方は僅かに山頂部を望むに過ぎない。見える場所は僅か300m程度だろうか、 この300mが展望可能ポイントだ。 そのほかは小千谷IC付近、北陸道栄PA付近と僅かな隙間があるが、距離はもっと遠くなる。
これだけのことがカシミールの計算結果から事前に分かっていた。あとはその300mを走行中に如何に捉えるかである。 神経を集中して、そろそろ近づくところからCG画像と照合しながら前山の実景観チェックをして、 ここぞと言う区間で、とにかく切れる回数だけシャッターを押し続けた。 フィルターはあらかじめ設定、望遠はあまり引くとぶれたり、視角から外れたりするから程々にしなければならない。 しかも助手席といえども現地で確認なんてとても出来るものではない。
数枚の写真が出来て、写っているか?そもそも視角に入っているか? など、現像された写真では全く確認できず、画像処理を行って可視バードのCG画像とつきあわせながら、 ようやく確証を得た写真がこの1枚である。

(越後川口IC 4km手前 4月上旬9時30分 200mm F11 1/500)



同じ場所から、国土地理院の50mメッシュ地図とカシミールを使って展望図を描いたもの。

<戻る>

 <会津駒ヶ岳へ>