高速道路からの山岳展望−関越道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る>

(下牧PAからの谷川岳)

赤城高原SAから、道路は赤城の裾野を通り抜け、沼田の町に向けて急勾配で下っていく。 右に沼田の”ふるさとの山”武尊山を見ながら、谷川岳の懐に向けて一直線に進んでいく。 この辺からチェーン着脱場が目立ち始める。最初に下牧PAがある。広い駐車スペースがあり、 すぐそれとわかる。このあたりから谷川岳がますます高く覆い被さってくる。 谷川岳は別名「谷川富士」、どう見ても富士山とは縁遠い褶曲山脈だが、最も富士山らしく見える地点として、 このPAからオキノ耳、トマノ耳を捉えてみたが、どうしても富士にはならないばかりか、ますます谷川岳の個性が 表現されてしまった次第だ。

(下り下牧PA 4月上旬7時50分 85mm F11 1/750)



 <三軒茶屋へ>  <谷川岳へ>