高速道路からの山岳展望−関越道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<高速リストへ戻る> <御荷鉾山へ> <榛名山へ> <谷川岳へ>

(藤岡JCTからの御荷鉾山系)

関越道は東京から関東平野をひたすら北上し、上里SAまでくると左側の秩父山系が終わり、 代わって群馬の最南の山である御荷鉾山系が登場する。さらにすぐ先の藤岡JCTまで行くと、 西側が完全に開け、妙義、浅間、北には上越国境の山々まで見通せるようになる。 御荷鉾山系はあまり知られていないが、その丸い山容は忘れられない。多くのゴルファーが この山頂に近いこの山の名を借りたゴルフ場でプレーをしている。

(藤岡JCT付近 11月下旬07時10分 135mm F8 1/250)

 <東・西御荷鉾山へ>





























高速道路からの山岳展望−関越道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<高速リストへ戻る> <御荷鉾山へ> <榛名山へ> <谷川岳へ>

(藤岡JCTからの榛名山)

関越道は東京から関東平野をひたすら北上し、上里SAまでくると左側の秩父山系が終わり、 代わって群馬の最南の山である御荷鉾山系が登場する。さらにすぐ先の藤岡JCTまで行くと、 西側が完全に開け、妙義、浅間、北には上越国境の山々まで見通せるようになる。 上毛三山と言えば赤城山、榛名山、妙義山の3山、その榛名山は東京から一貫して見えているが、 この辺まで近くなると山容の広がりと、起伏のある稜線が大変特徴的に見えてくる。
大変観光化されていることはご存じの通り、榛名富士は山頂までロープウェイが通じている。 また掃部ヶ岳をはじめとした外輪山は手頃な軽登山として多くの登山者に親しまれている。

(藤岡JCT付近 11月下旬07時10分 135mm F11 1/250)

 <榛名山掃部ヶ岳へ>


























高速道路からの山岳展望−関越道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る> <御荷鉾山へ> <榛名山へ> <谷川岳へ>

(藤岡JCTからの谷川岳)



関越道は上里SAの先にある県境の川を渡るとにわかに開けてくる。 そして前方北西には白い峰々が次第にクッキリしてくるところである。
白い山並みは上越国境の山々、物理的には東京からずっと見えているのだが、 このあたりまで来るとにわかに目立つようになってくる。 このあたりの関越道がスネーク状に走っているので、右に左に忙しく向きをかえ、 また走るにつれて、近くの子持山との相対位置も変わってくる。
写真は藤岡JCT付近から捉えたもので左の写真が平標・仙ノ倉、右の写真が仙ノ倉岳・万太郎岳である。

(藤岡JCT付近 1995年11月下旬07時10分 135mm F11 1/250)
 <恵比寿へ>  <三軒茶屋へ>  <谷川岳へ>