高速道路からの山岳展望−関越道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る>  <高速リストへ戻る>  <富士山へ> <丹沢山へ> <大山へ>

(高坂SAからの富士・丹沢−富士山)

関越道は東京から関東平野をひたすら北上し、埼玉県の地形的中心に近いところに 関越道最初のSAでもある高坂SAがある。このSAは上下線とも右側にあって、ほとんど展望が開けないが、 下りSAの東京寄りのほんの一画だけが富士山の方角に向けて開けている。多分関越道では最後の見納めの富士となるので しばし休憩、この日は視界良好で、こんなにはっきりと見える事も珍しい。
このあたりまでくると富士山は大室山からも大きく右に外れて、奥多摩の大岳山がすぐ右に控えているほど、予想外の 位置関係になっている。

(下り高坂SA 左後方 1月下旬09時00分 200mm F8 1/500)


富士山 <御坂黒岳へ>  <雁ヶ腹摺山 へ>  <越後駒ヶ岳へ>  <爺ヶ岳南峰へ>  <北岳山荘へ>  <仙丈ヶ岳へ>  <富士山へ>

大岳山 <大岳山へ>



















高速道路からの山岳展望−関越道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る>  <高速リストへ戻る>  <富士山へ> <丹沢山へ> <大山へ>

(高坂SAからの富士・丹沢−丹沢主脈)

この山も東名道に属する山だが、関越道ではやはりここが見納めになる。東京から見なれた丹沢山とは随分異なった 風貌だが、かえって北部の山々の特徴がよく現れていて東京よりピークがわかりやすいのが特徴だ。 なお大室山は丹沢山からはるかに右に外れ、このスナップの右側にあって、あたかも独立峰のように見える。

(下り高坂SA 左後方 1月下旬09時00分 150mm F8 1/500)

 丹沢主稜  <丹沢山〜蛭ヶ岳へ>  <大  山へ>  <塔ヶ岳・鍋割山へ>  <桧 洞 丸へ>

 丹沢前衛  <高取山・仏果山・経ヶ岳へ>  <大 野 山へ>  <権現山・弘法山へ>



























高速道路からの山岳展望−関越道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

 <高速リストへ戻る>  <富士山へ> <丹沢山へ> <大山へ>

(高坂SAからの富士・丹沢−大山)

丹沢主脈の右には、ひとつ離れて大山が見えている。都内からだと搭ノ岳から稜線が続いてその南端に大山があるのだが、 距離があるこのあたりからだと、あたかも独立峰のように見えている。

ところでこの写真だが、撮影以来、箱根山としてアップしてきたが、2000年6月に埼玉にお住まいの堀井さま から大山ではないかとのご指摘を頂いた。 早速50m数値地図で確かめたら、堀井様ご指摘の通り、箱根山は丹沢の裏に隠れ、この写真の山は大山であることが確認された。
ここに訂正して同定ミスをご指摘頂いた堀井様に厚くお礼を申し上げます。


(下り高坂SA 左後方 2月上旬10時15分 250mm F8 1/500)

 <大  山へ>