高速道路からの山岳展望−常磐道自動車道からの展望

<見出に戻る><戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る>

(谷和原IC付近からの筑波山)

筑波山は東京からよく見える山だ。常磐道でも三郷付近からすでにかなり近づいて 見えている。江戸川、利根川と2本の川を渡る時、前方にそれがよく展望される。 この橋は2本とも見通しがよく、晴れた日には秩父の山々や富士が見通せる。 利根川を渡ったところに守谷SAがあるが、筑波山に向かってはブラインドになって 展望が利かない。かろうじて上りSAが、本線と合流する直前で展望できるだけだ。 谷和原ICから土浦北ICにかけて、この道路からのいちばん展望の利くところだ。 ただPAとなるとどうも展望が無いのが残念だ。PAでの展望箇所は無いものかと千代田 PAまで走ったが、ここまでくると筑波山の東稜に山頂が隠されてしまった。 近い山なので、土浦北ICで降りて、筑波山まで登っても半日で帰り着く。筑波研究学 園都市まで行けば、見上げるような高さを感じる。

(谷和原IC付近 12月初旬07時50分 150mm F8 1/500)

標高877m、こんな低い百名山はほかにない。阿武隈山脈が関東平野につきだして、その最南端で、 この低い山脈の第2の高さを演出している。そんなわけで古くから東京から見える山の御三家と なっている。その歴史は万葉の世界にまで遡ることが出来る。江戸時代にはがまの油で有名になった。 そんな筑波のイメージが昭和40年代に激変した。この南面の麓に筑波研究学園都市が誕生したからだ。 日本中の科学技術が集中し、世界の研究者が大勢出入りしている。万博も開催された。いまや筑波の 名前は世界の科学技術に拘わるものの中で知らないものはいない。かなりの国々がミニ筑波を持つ ようになった。昔は万葉の歌の題材に、当時のインテリに知られ、いまは世界の科学の世界で名がと どろいている。筑波山はどう思っているのだろうか。いやそんなことには無頓着に悠然とした姿を見 せている。この山には2ルートの交通機関が山頂まで運んでくれる。山頂からは視界さえ良ければ絶景だ。 まず目の下に広がる関東平野、それに霞ヶ浦、富士は勿論のこと、丹沢、秩父、八ヶ岳、赤城、日光、那須 まで見通せる。

<筑波山へ>