高速道路からの山岳展望の旅へ!

<戻る> <掲載写真データコメントへ>

(解説)高速道路からの山岳展望

高速道路はただひたすら目的地に向かって走るもの、しかし多くの方々は東京から1時間も走ると、 そこに驚くほどの豊かな自然、とりわけ多くの山々が展開していることにお気付きでしょう。
しかしよそ見は禁物、正面を向いている目の片隅を流れていく山々を気にしながら、サービスエリア に飛び込むと、せっかくの景観が建物や遮蔽物のためなにも見えなかったり、そうこうし ている内に忘れてしまう。これが高速道路というものです。そのため高速道路からの山岳展望は、 かなりの事前研究とノウハウが必要。そしてそのコツが分かってくると、驚くばかりの景 観に出会って思わず息をのんでしまうことがあるのです。例えば東名道鮎沢PAからの蛭ケ岳と 桧洞丸、日本平PAからの聖岳や光岳、中央道八が岳PAからの北岳など、予想を超えた景観 が開けそこに新たな感動を呼び起こします。 とにかく先進国のどこに行っても、首都から1時間でこれだけ豊富な山岳景観に巡り会え るなんて国はほかにありません。日本のこの豊かな自然をゆっくり楽しもうではありませんか。
さて、高速道路からの山岳展望を概観してみると、東北南部から中部山岳地方までの間に約70%程度の 展望が集中しております。もちろん北海道や九州にも素晴らしい名山が沢山あります。
見所と言えば,やはり本州の山岳地帯を走り抜ける中央道でしょう。しかし何と言っても圧倒的な 場面は北陸道の流杉PA(富山付近)と道東道の十勝SA、独立峰では盤越道磐梯山SAや大分道湯布院IC付近 などでしょう。また美しい鳥海山を山形道酒田IC付近で見るのもよいでしょう。道央道などは旭川に近ずくとト ンネルがあります。2つめのトンネルを出ると忽然と正面に大雪のカムイ達が現れます。同じように渡辺鹿児島空港 ICを通過するとやはり正面に桜島が登場して南の果てまでやってきた実感を得ます。東名道足柄SAの富士山は TV中継にも登場する最高の富士山展望台です。
こう言う名場面は最初からわかっていたわけではありません。行ってみて初めて知ったところも沢山あります。 そう言う意外なところに名場面は、たとえば東名道鮎沢PAでの丹沢山の迫力ある光景や日本平PAからの南アルプス、 徳島道美馬ICからの剣山地などがそうです。もちろん期待を裏切られた幻の場面もあります。 霧島SAは宮崎道に、石槌山SAは松山道にありますが、名前の通り霧島山系と石槌山のすぐわきにあります。 誰もが名場面を想像します。ところが山に近ずき過ぎて前山に遮られて主峰や山頂が見えません。
こういう意外性があって、だから高速道路からの山岳展望と言う未開拓の分野におもしろさを感じるのです。
全国に散らばる見所やスポット、高速道路からの百名山、などを訪ねて集大成したものがこのHPです。 ぜひゆっくりとご覧ください。






掲載写真データコメント

<戻る> <(解説)高速道路からの山岳展望へ>
このホームページに掲載した写真は、誰もが、その場所で、視界に恵まれれば、普通のカメラで、 撮影できることをモットーにしたもので、掲載写真全部に共通するデータを最初に紹介しておく。
使用カメラ ;キャノンIOS 100
使用レンズ ;キャノンズーム 28mm-80mm 及び 75mm-300mm
使用フィルム;富士フィルムネガカラー ISO-400
露出・速度 ;オートモード(下記のデータはオートモードの結果の数値)
焦点    ;オートモード
フィルター ;標準焦点ではスカイライト、望遠では C-PL 使用
CPへの読込み;プリントをスキャナーで読み込み
圧縮方式  ;jpg