高速道路からの山岳展望−道東道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る>

<日高山脈中央部へ> <日高山脈北部へ> <幌尻岳へ> <芽室岳へ>

(十勝平原SAからの日高山脈−中央部)



道東道の現在の起点は十勝清水IC、ここまで行くのに千歳から3時間、旭川から3時間と、とんでもない時間を 要する。しかしこの帯広を中心とする池田ICまでの約50Kmの片側1車線の高速道路は、日高山脈の全貌を展望出来る、 我が国屈指の山岳展望道路でもある。
十勝清水ICから15Kmほどのところに今は無人の十勝平原SAがあり、このSAが絶好の展望場所を提供してくれている。 日高山脈を展望するに、特に展望場所があるわけではないので、上下線どちらのSAでも良いが、 右後方から左後方に長大な山脈を展望するには上りSAの方が好都合だ。
この日は山頂部に幌尻岳などの高峰群に雲が懸かり、同定ができなかった。
あらためて、同一場所からの晴れた写真の撮影に成功し、ようやくこのSAから展望できる日高山脈を同定できた。 とにかく圧巻、日本屈指の大展望であることには違いない。

(上り十勝平原SA 10月中旬 11時45分 65mm F11 1/500)


























高速道路からの山岳展望−道東道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る>

<日高山脈中央部へ> <日高山脈北部へ> <幌尻岳へ> <芽室岳へ>

(十勝平原SAからの日高山脈−北部)



(上り十勝平原SA 10月中旬 11時45分 65mm F11 1/500)


























高速道路からの山岳展望−道東道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る>

<日高山脈中央部へ> <日高山脈北部へ> <幌尻岳へ> <芽室岳へ>

(十勝平原SAからの日高山脈−幌尻岳)






(上り十勝平原SA 11月上旬 午前 撮影データ不明)             (上り十勝平原SA 8月中旬 16時00分 200mm F8 1/350)

さて山頂部が雲に隠されていた幌尻岳を同じ、上り十勝平原SAから撮ったものだ。圧倒的なボリュ−ムであるはずの 山頂部はなかなか姿を見せてくれない。撮り直すこと3回目、この日もほとんど絶望状態だった。 方角だけは分かっているから、時間差で数枚撮っておいた。その1枚からおぼろげながら最奥の山、 幌尻岳の山影がカシミールの示す位置に浮かび上がってきた。



























高速道路からの山岳展望−道東道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る>

<日高山脈中央部へ> <日高山脈北部へ> <幌尻岳へ> <芽室岳へ>

(十勝平原SAからの日高山脈−芽室岳)



(上り十勝平原SA 11月上旬 午前 撮影データ不明)