高速道路からの山岳展望−道東道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る>

(倶知安端野線(未開通)北見ICから斜里岳・羅臼岳)

道東道は現在池田ICから東へ本別ICまで建設中である。北海道縦貫自動車道はその本別JCTを起点として、 北東に北見ICまで倶知安端野線として建設中、そして同じく本別JCTから東へ釧路ICまで倶知安釧路線が建設中である。 道東道が現在、千歳JCTから夕張ICまで建設中、そこから十勝清水ICまでは計画段階だが、これが全通すると北海道の 高速道路網がほぼ骨格を形成することとなる。なお一方では道央道も旭川鷹栖ICから名寄ICまでが建設中と聞く。

山岳展望の世界では、この2ルートが開通すれば、現在では展望できない知床の山々が遠望出来るようになる。 カシミールによれば北見IC付近からでも斜里岳、海別岳、羅臼岳、硫黄岳、さらには最果ての知床岳まで遠望できる と計算される。
この景観は小清水原生花園や網走の天都山からも展望出来る馴染みある景観だが、機会があれば高速道路が開通する前でも、 その取材を試みておきたい。