高速道路からの山岳展望−道央道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<高速リストへ戻る> <有珠山と昭和新山へ> <羊蹄山の方向へ>

(有珠山SAからの有珠山と羊蹄山)

(有珠山と昭和新山)

有珠山SAは有珠山への玄関口の伊達ICの手前にあって、360度の素晴らしい展望が開けている。中でも有珠山が、昭和新山 を従えて、雄大な火山性の山容を見せているのが圧巻だ。 こんな低山だが舞台装置がよいのか、昭和新山の右には洞爺湖の中にある中之島が、さらに遠く要諦山までもはるかに見通 すことが出来る。また噴火湾の先には駒ヶ岳も見ることが出来る。 SAは広々とした庭園が海に向かって広がり、建物の屋上には展望台があって、山岳案内板がある。 アルプスの展望に比べれば箱庭的ではあるものの、全国でも指折りの山岳風景が展開している。 ただし上りSAは、羊蹄山の方角が見えなくなる。

(下り有珠山SA 前方 10月中旬 11時30分 55mm F11 1/750)

 <有珠山へ>





















高速道路からの山岳展望−道央道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る> <有珠山と昭和新山へ> <羊蹄山の方向へ>

(有珠山SAからの有珠山と羊蹄山)

(昭和新山と羊蹄山の方角)

昭和新山の右には洞爺湖の中之島が、さらにその右には羊蹄山が遙かに望める。残念ながらこの日は、透明度がそれほど 良くなかったため、かすかに見えていたものの写真には写すことが出来なかった。この百名山が高速道路から展望でき ることは予想していなかったことだけに大変意外な発見となった。 この方角が見えるのは下りSAだけで、上りSAは手前の森に隠されてしまう。

(下り有珠山SA 前方 10月中旬 11時00分 200mm F11 1/500)

 <有珠山へ>