高速道路からの山岳展望−道央道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<高速リストへ戻る>

(岩見沢SA・茶志内PAからのピンネシリ)



さて札幌JCTから車を旭川に向けて走らせてみよう。札幌JCTをでるとしばらくは視界が良ければ大雪の峰々が 遠望できるが、まもなく山間部を走るようになる。特に南側にある夕張山地の方は、道路自身がこの山地の裾野を走るため 展望は殆ど絶望的だ。時折遠くの高山が覗くことはあっても走りながらそれを同定することなど到底不可能だ。またこの間にある SAやPAから南側を望む場所は全く無い。 北側には若干の開けた区間があって、遠くに幾つかの山々が望めるが、そんな山々を夕張山地の代わりに捉えた写真がこのスナップだ。

(岩見沢SA 左 10月中旬 6時00分 100mm F8 1/250) (茶志内PA 左 10月中旬 6時30分 90mm  F8 1/250)







































高速道路からの山岳展望−道央道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る>

(深川JCT北からの大雪山系)

滝川ICを過ぎると12km程度走ったところに深川JCTがある。ここから北に向けて深川留萌自動車道という一般有料道路が走っている。 まだ深川西ICまで僅かな区間だが、この付近から東に開けたところがあって、遙かに大雪山系を望むことが出来る。 大変偶然の事だが、利尻岳登頂後、稚内から札幌に向かう団体バスの車中で見かけたもの、幌内山地の西側で大雪が見える場所は平野部に入ってから と考えられていたが、ちょうど大雪とこの場所との中間には旭川市があってたまたま開けていることが分かった。

(深川JCT北4km 2002年07月9日 15時30分 Sony DSC-P1)

 <旭岳へ>  <十勝岳へ>